【2021年版】ホログラムディスプレイ メーカー6社一覧

ホログラムディスプレイのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ホログラムディスプレイとは

ホログラムディスプレイは、出力した映像が空中を浮遊している様な形で見える、映像出力装置になります。2次元のディスプレイに出力するような方法よりも視覚的に注目を浴びやすく、臨場感が得られることが特徴です。様々な出力方法の装置が発売されており、LEDがついたブレードを回転させる方式や、ペッパーゴーストと呼ばれる方法、水蒸気に出力する方法、網膜に直接3D映像を直接投影する方法、光の干渉を利用する方法などがあります。

ホログラムディスプレイの使用用途

ホログラムディスプレイは、劇場や舞台などの演出や展示会などの演出などに使用されます。ホログラムディスプレイの選定の際には、どの出力方法が演出などの目的に適しているのかを、出力する映像の大きさや色彩、消費電力、価格などを考慮する必要があります。

ホログラムディスプレイの使用例を以下に示します。

  • 音楽などのライブの臨場感を出すための演出
  • 展示会における注目を集めるための商品やロゴなどの表示
  • 注目を集めるための広告 

ホログラムディスプレイの原理

ホログラムディスプレイの映像の出力原理を代表的な4つの出力方法に分けて説明します。

  • ブレード回転型
    ブレード回転型のホログラムディスプレイは、LEDがついているブレードを高速で回転させ、回転に合わせて適切にLEDを点灯させることで透明な映像を出力できる機械になります。
  • ペッパーゴースト型
    ペッパーゴースト型のホログラムディスプレイは、半透明のディスプレイに映像を出力し、背景が透けて見えるため、浮かび上がっている様に見える出力装置です。劇場などで使用する大型の装置が一般的です。
  • 水蒸気描写型
    水蒸気描写型のホログラムディスプレイは、水蒸気をスクリーンとして光を照射することで、ホログラムを出力する装置です。水蒸気の移動によってホログラムが動くことが特徴です。
  • 3Dホログラム型
    3Dホログラム型のホログラムディスプレイは、ホログラムを出力したい座標に物体光と参照光と呼ばれる2つの波長や周期の違う光を照射することで、2つの光が干渉し、空間にホログラムを出力することができる装置になります。近年開発が進んできており、より高精度のホログラムの出力が可能となってきています。 

参考文献
https://official.koganei.co.jp/downloader/catalog/ETR600/2
https://www.aisan.co.jp/products/hologram.html
https://www.nexmedia24.jp/hologram/
https://www.evaroo360.com/3holo
https://www.splaning.co.jp/service/detail/id=117

ホログラムディスプレイのメーカー情報

ホログラムディスプレイのメーカーランキング

社員数の規模

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社アイキューラボ
  2. 2 株式会社ネクスメディア
  3. 3 アールエスケイ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ケー・シー・シー・商会
  2. 2 アールエスケイ株式会社
  3. 3 株式会社ネクスメディア

ホログラムディスプレイのメーカー6社一覧


関連記事

カテゴリから探す