ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社
セイコーエプソン株式会社

【2021年版】マイクロディスプレイ メーカー3社一覧

マイクロディスプレイのメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


マイクロディスプレイとは

マイクロディスプレイとは、対角線の長さが0.25インチ未満の非常に小型なディスプレイのことを指します。高解像度を基本とし1280×720ピクセル以上が一般的です。ディスプレイの種類には液晶ディスプレイ(LCD)、有機発光ダイオード(OLED)、デジタルライトプロセッシング(DLP)などがあります。現在の主流はOLEDで市場が年々拡大しており、マイクロオーダーのピクセル小型技術によって高解像度化が進んでいます。小型・薄型が最大のメリットであり、今後の用途開発に期待がかかっています。

マイクロディスプレイの使用用途

マイクロディスプレイは最先端技術であるため、用途は幅広く新たな用途開発が進行中のディスプレイの1つです。現在の主な用途はVRヘッドマウントディスプレイやリアプロジェクションテレビ、医療機器向けのEVF、プロジェクターなどが挙げられます。リアプロジェクションテレビはマイクロディスプレイにより薄型化が可能となり北米を中心に普及していましたが、現在は下火になっています。現在注目の用途はVRやARでの応用で近現代的なテクノロジーに大きな貢献をするとされています。

マイクロディスプレイの原理

ここではマイクロディスプレイの製造技術を説明します。現在確立されている製造技術は、高温ポリシリコン液晶、DLP、LCOSがあります。

  • 高温ポリシリコン液晶

超小型で高精細の液晶ディスプレイの一種で、様々な電子機器に内蔵されています。解像度を決定する画素をポリシリコン(多結晶シリコン)で作製した薄膜トランジスタ(TFT)で駆動します。高温のポリシリコンは低温のものと比べ、応答速度が速いため高精細のディスプレイを製造できるメリットがあります。

  • DLP(デジタル・ライト・プロセッシング)

DLPは反射型ミラーを利用した表示パネルを使用しています。この反射型ミラーは、デジタルマイクロミラーと呼ばれ、反射角度を調整し映像を表示します。高価な製造技術のため一般用途よりも映画館等で使用される法人向けに採用される場合が多くなっています。

  • LCOS(反射型液晶方式)

液晶方式の一種でシリコン基板とガラスの間に液晶層を設けた構造を取ります。この液晶層が映像を表示し反射板で光を反射しディスプレイ表示を行います。解像度を高くできるだけでなくコントラスト比にも優れていることから4Kディスプレイや医療向けプロジェクターなどに使用される技術です。

参考文献
https://www.sony-semicon.co.jp/products/microdisplay/oled/
https://japanest-nippon.com/jp/products/pd_detail.php?id=131&cate=4
https://www.epson.jp/technology/core_technology/visual/micro_display.htm

マイクロディスプレイのメーカー情報

マイクロディスプレイのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 セイコーエプソン株式会社
  2. 2 ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社
  3. 3 分析工房株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社
  2. 2 分析工房株式会社
  3. 3 セイコーエプソン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 セイコーエプソン株式会社
  2. 2 分析工房株式会社
  3. 3 ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社

マイクロディスプレイのメーカー3社一覧


関連記事

カテゴリから探す