キムラ電機株式会社

【2021年版】パイロットランプ メーカー9社一覧

パイロットランプのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


パイロットランプとは

パイロットランプとは、「確認表示灯」とも呼ばれているもので、電気機器の作動状態を示す小型ランプのことです。

スイッチの連用枠に取り付けて使用します。取り付けることにより、暗所でのスイッチの位置を探すための電灯になったり、機器の状況を確認することが可能となります。点灯の種類は同時点灯、常時点灯、異時点灯に分類されます。これらは通電中の場合に感電の危険を知らせたり、節電などの注意を利用者促すために利用されています。

パイロットランプの使用用途

パイロットスイッチは電気機器の動作状況を知らせるために、私たちの身近なさまざまな場所で使用されています。

一般家庭では新築やリフォーム場合には、ランプの付いたパイロットスイッチの場合が多いです。消し忘れ防止としてコンセントタップにも使用されています。公共施設や商業施設にも多くパイロットスイッチが使用されています。緊急の時や夜間、消灯時などの暗いときに、配電盤などの電気系統の管理に使用されています。

パイロットランプの原理

使用される電灯(発光体)について説明します。

  • ネオン管
    電圧が高くないと点灯できないが、球切れの心配がなく、また商用電源を抵抗をはさむ等簡単な回路で入力できます。
  • 電球(白熱電球)
    機器動作にあわせて利用すれば動作電圧などの制限がありませんが、電球自体が電力を消費するので、球切れの心配があります。フィラメントが切れている場合に球切れとの判断がしづらい点があります。
  • LED
    電流方向の指定があり高熱に弱いです。電圧が低いので機器によっては専用の電源回路を必要とします。ただし安価で手に入り、消費電力が少なく、寿命が長いので様々な機器に利用されています。また少電力で点灯可能なため特に乾電池やバッテリーなどを使用する電力的制約が厳しい携帯機器などに利用される。


パイロットランプの点灯・点滅方法が3種類あります。

「常時点灯」・「同時点滅」・「異時点滅」の3つです。

  • 常時点灯
    スイッチ自体の位置を確認するために使用されます。
    スイッチがON・OFFどちらの状態でも常にパイロットランプが光る点灯方法になります。
  • 同時点滅
    スイッチがONの場合にパイロットランプが点灯し、スイッチがOFFの場合ではパイロットランプが消灯します。対象物の点灯に応じて光ります。機器のON・OFF状況を確認するために使用されます。
  • 異時点滅
    スイッチがONの場合はパイロットランプが消灯し、スイッチがOFFの場合ではパイロットランプが点灯します。周囲が暗い時にスイッチの位置確認のために使用されます。

参考文献
https://jp.misumi-ec.com/vona2/el_control/E1100000000/E1118000000/E1118010000/
https://koujishi.com/glossary/pilotlamp/
https://hamanotechnicalworks.com/pilotlamp.php

パイロットランプのメーカー情報

パイロットランプのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社フジックス
  2. 2 日本ボデーパーツ工業株式会社
  3. 3 山口電機工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社インパクト・アイ
  2. 2 株式会社三成電器製作所
  3. 3 マルヤス電業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 舶用電球株式会社
  2. 2 キムラ電機株式会社
  3. 3 日本ボデーパーツ工業株式会社

パイロットランプのメーカー9社一覧


関連記事

カテゴリから探す