産業用製品比較のメトリー
メトリー
株式会社メイト
株式会社トーキン
日立金属株式会社
日本重化学工業株式会社
日本セラミック株式会社
ユナイテッドエレクトロニクス株式会社
トミタ電機株式会社
YENG TAT ELECTRONICS CO., LTD.
NJコンポーネント株式会社
JFEフェライト株式会社

【2020年版】フェライト1選 / メーカー11社一覧

フェライトのメーカー11社・47製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フェライトとは

フェライトは、酸化鉄を主成分とするセラミックで、磁性材料として利用されています。

磁性の違いによってソフトフェライト・ハードフェライトに分類されます。

さらに、分子構造によってスピネルフェライト・六方晶フェライト・ガーネットフェライトの3つに分類されます。このような構造の違いによって、磁気特性も変わってきます。

また、セラミックなので金属磁性体に比べると電気抵抗が高く、耐腐食性や耐薬品性に優れていることが特徴です。

フェライトの使用用途

フェライトは、主に磁石として利用されており、フェライト磁石と呼ばれます。安価で大量生産できることから家電製品やゲーム機、パソコン等さまざまな製品で利用されています。

他にもトランスのコアとして利用されたり、電波暗箱や電波暗室などにおいて、電磁波を遮断する材料としても利用されています。

さらにレーザープリンタなどでトナーを運ぶキャリアとしてもフェライト粒子が利用されており、日常生活に浸透している磁性材料であるといえます。

フェライトの原理

フェライトの主成分は酸化鉄であり、生成のためには800℃以上の高温で熱処理を行わなければなりませんでした。このような乾熱式によって生成されるフェライトはFe2O4を主成分とするフェライトで、スピネル型フェライトと呼ばれます。近年ではアルカリ溶液中で反応を行うことで100度程度の低温でも生成できます。

スピネル型フェライトは、マンガンやコバルト、ニッケル、銅、亜鉛などの添加物と混ぜ合わせることで軟磁性を示す、ソフトフェライトになります。

軟磁性体とは、磁場をかけたときだけ磁性をもつものでコイルやトランスのコアに用いられ、透磁率が高いことが特徴です.

一方でFe12O19という組成のフェライトは六方晶フェライトと呼ばれ、バリウムやストロンチウムを添加することで硬磁性を示すハードフェライトです。

硬磁性体は、一度強力な磁場をかけると磁性を持ち、その磁性が維持されるという点で軟磁性体とは異なります。

参考文献
https://ednjapan.com/edn/articles/1610/31/news019_4.html
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nikkashi1898/65/11/65_11_1748/_pdf/-char/ja

フェライトのメーカー情報

フェライトのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日立金属株式会社
  2. 2 株式会社トーキン
  3. 3 日本セラミック株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 NJコンポーネント株式会社
  2. 2 ユナイテッドエレクトロニクス株式会社
  3. 3 JFEフェライト株式会社

歴史のある会社

  1. 1 日本重化学工業株式会社
  2. 2 株式会社トーキン
  3. 3 日立金属株式会社

フェライトのメーカー11社一覧


フェライト1選

フェライトコア 6Hシリーズ

NJコンポーネント株式会社 フェライトコア 6Hシリーズ 画像出典: NJコンポーネント株式会社公式サイト

特徴

従来の一般的なフェライト材料では、ある特定の温度域でのみ損失が低くなる性質であったのに対して、NJコンポーネントの「6H65」は広い温度範囲において徹底的に損失を低減したフェライト材料です。

車載電源など、環境温度や電源出力によってコアの動作温度が大きく変化する用途に適した材料です。

フェライトコアの形状についてはCAE技術によるシミュレーションなどを駆使し、お客様のご要望に合わせてカスタマイズした開発・生産を行っています。

主な用途として、ハイブリッド車や電気自動車に搭載される、(モーター用高圧バッテリーから車載機器用の12Vに降圧する)DC-DCコンバータのトランスコアなどに用いられます。

NJコンポーネント株式会社の会社概要

製品を見る

フェライトの47製品一覧

フェライトのオンライン購入


ミスミでチェック

関連記事

カテゴリから探す