ジェフコム株式会社

【2021年版】木工用ドリル メーカー13社一覧

木工用ドリルのメーカー13社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


木工用ドリルとは

木工用ドリルは木材にネジ穴をあけたり貫通穴をあけたりする際に使用します。木材を組み合わせる際には釘が使用されますが、釘では強度不足になりがちです。その様な際には木材に穴を開けてネジとナットで木材同士を接合してしまえばより高い強度が得られます。このような木材に穴をあける際に木工用ドリルは使用されます。

木工用ドリルには手で持って使用できるハンディタイプと工場に据え付けて使用する据え付けタイプがあります。どちらも電動で動きますが、より大きく深い穴をあけたい場合には据え付けタイプが使用されます。

木工用ドリルの使用用途

木工用ドリルは木材で家を建てる際や家具を作る際、DIYで木製の小物を作る際などに使用されます。

据え付けタイプは高出力ですので工場で大掛かりな加工を行う場合に使用されることが多く、ドリルビットと言いますが、木に穴をあけるための金属性のドリルが固定されていますので、まっすぐ正確に穴をあけることが可能になります。

ハンディタイプは持ち運びに便利ですので工具箱に入れて持ち運べ、充電タイプでは充電をしておけば外部電力なしに使用できますので便利です。

電動の木工用ドリル以外にも手動のハンドドリルがありますが、こちらは手の力で穴を開けますので小さな穴しか飽きませんが精密加工を行う際に使用されます。

木工用ドリルの原理

木工用ドリルは電気の力でモーターを回してその回転力で木を削ります。トルクが大きい程直径の長いドリルビットが使用できますので、より大きな穴を開けることができます。

木に開ける穴のサイズはドリルビットにより変更可能で、開けたい穴の径に合わせてドリルビットを交換して使用します。

鉄工用ドリルとの違いはドリルビットの形状にあります。木工用ドリルのドリルビットの形状は先端にケガキ刃などと言われる刃がついているという特徴があります。このためにバリが発生しにくく綺麗な穴を開けることができます。木工用のドリルビットを鉄工用に変えると鉄の穴あけ加工にも使用することができますが、鉄の加工の方が高いトルクが必要になりますので、開けることができる穴は木工よりも小さくなります。

木材に穴をあける際には木材が動かないようにクランプ等でしっかりと固定しますが、固定できていない場合にはドリルビットと共に木材が回転しだしますので危険です。

参考文献
https://www.bildy.jp/mag/impact_driver-wood-drilling/

木工用ドリルのメーカー情報

木工用ドリルのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社大塚商会
  2. 2 株式会社ヨドバシカメラ
  3. 3 トラスコ中山株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 DCMホールディングス株式会社
  2. 2 株式会社美坂
  3. 3 ジェフコム株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社スターエム
  2. 2 有限会社高芝ギムネ製作所
  3. 3 株式会社コメリ

木工用ドリルのメーカー13社一覧


関連記事

カテゴリから探す