三和ハイドロテック株式会社

【2021年版】ヒューガルポンプ メーカー6社一覧

ヒューガルポンプのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ヒューガルポンプとは

ヒューガルポンプとは、羽根の遠心力を使った遠心力応用ポンプの1種類です。その中の渦巻き型のポンプになります。この遠心力を応用したポンプには、渦巻きを利用したタイプ
のヒューガルポンプ他、タービンポンプ、ボアホールポンプ、プロペラタイプのポンプ等もあります。全て羽根車を水の中で高速に回転させた状態で、その羽根の遠心力に起因する圧力変化によって、水を羽根の中心殻が周囲方向へ流れを動かして、流体(水などの液体)にエネルギーを付与するポンプとなります。

ヒューガルポンプの使用用途

ヒューガルポンプの主要メーカーは日立、川本ポンプ、三相電機などが代表的な会社です。各々のメーカがそれぞれの特徴を持っていますが、ヒューガルポンプ全般的な特徴からして、ポンプとしての最適な使用方法としては、設置スペースの関係で比較的小型のポンプが良い場合に好まれるポンプで、高速回転タイプのポンプなので、騒音は問題にならない場所に適しています。また、吐出量や揚程に関してはかなりの広範囲で使用が可能で、他のポンプよりも高性能で、故障が少ない所もメリットと言えます。

ヒューガルポンプの原理

ヒューガルポンプは、渦巻き状のエンボリュート曲線を基本としたインペラとも呼ばれる羽根の形状を使って、一般的に水などの流体自身が、その羽根車に付与された速度を起因とするエネルギーを、渦巻きケース内の圧力をエネルギーに変換し、吐出口から押出される構造となっています。また、ヒューガルポンプは、胴体が渦巻型をしているので渦巻ポンプとも呼ばれて、回転する羽根車の周囲にボリュートと呼ばれるケーシング(渦巻き室)を配置して、羽根車から出た水の速度が、渦巻き室内を通過するうちに徐々に減速して圧力に変換される構造のものです。ヒューガルポンプを代表とする羽根の遠心カを使ったポンプの特微は、マシンサイズとしては形が小型で高速回転向きで、吐出量及び揚程について広範囲に使用出来、吐出量が連統して均等なところもメリットです。その他にも故障が少なく取扱い易く、運転中の性能が他のポンプに比較して良い等の特徴があります。

参考文献
https://www.idopump.com/basic-pumpprinciple.html
https://www.weblio.jp/content/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%97

 

ヒューガルポンプのメーカー情報

ヒューガルポンプのメーカー6社一覧


ヒューガルポンプのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 三和ハイドロテック株式会社
  2. 2 西垣ポンプ製造株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 フリスタンポンプジャパン株式会社
  2. 2 日本ハワード株式会社
  3. 3 大阪サニタリー株式会社

歴史のある会社

  1. 1 西垣ポンプ製造株式会社
  2. 2 三和ハイドロテック株式会社
  3. 3 株式会社イズミフードマシナリ

関連記事

カテゴリから探す