オリオン機械株式会社

【2021年版】真空タンク メーカー6社一覧

真空タンクのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


真空タンクとは

真空タンクは減圧に耐える肉厚なステンレス鋼で作られる

真空タンクとは内部を減圧状態に保つことができる容器で、大きさや形状、用途によっては真空チャンバーと呼ばれることもあります。内部が減圧状態になるため、真空タンクは外圧に耐えることができる肉厚なステンレス鋼から作られています。

加圧タンクとしても利用可能

真空タンクには加圧タンクとしても用いることができるものもあります。ただし、減圧、加圧いずれの利用においてもタンクが耐えられる圧力の大きさを事前に確認すること、ならびにタンクに亀裂やリークが無いことを確認してから用いることが事故防止の観点から重要です。

真空タンクの使用用途

高純度製品が必要なラインで使用

真空タンクは半導体製造ラインなど、非常に高い純度が要求される業界で用いられます。また、製造業においては製品、中間体の真空乾燥時の容器として真空タンクが使用されたり、溶液に含まれる気泡を減圧環境下で除去するときに真空タンクが使用されます。

吸着パッドの取り付けでも真空タンクは使われる

その他、ゴム製の吸着パッドの取り付けなどの真空吸着作業でも真空タンクが使用されるほか、木材やセラミックに油や薬品を浸透させる真空含浸作業においても真空タンクが用いられます。

真空タンクの特徴

真空タンクは耐久性、密閉性が求められる

真空タンクは内部を減圧状態に保つことができる容器であり、高い耐久性と密閉性が求められます。真空タンクは肉厚のステンレス鋼からできており、排気用のラインやリーク用のラインが取り付けられています。また内部を観察するために窓が取り付けられたタイプのものもあります。

真空タンクの使用前に亀裂の有無の確認を

真空タンクを使用する際は容器に亀裂やリークがないことを事前に確認することが必要です。もし亀裂等があると真空が保たれなかったり、真空環境で大気圧によって装置が破損する危険性があります。また、取外し可能な蓋付きの真空タンクを使用する際は蓋とタンク本体の間に隙間があると真空引きができないので蓋をしっかり密着させ、留め具で固定してから真空引きを行う必要があります。

保管環境によっては真空タンクの内側の表面に水分や気体が吸着することがあります。一度吸着した水分や気体は真空状態でも脱離しないことがあるため、水分を嫌う物質を真空タンクに入れる際は内部の水分を除去するために使用前に加熱真空乾燥などの処理を行うことが望ましいです。

参考文献
http://www.ksk-sus.co.jp/01_stainless/c00.html
https://jp.misumi-ec.com/maker/akadakogyo/products/vacuum_chamber/
https://www.shincron.co.jp/technical/device3-3.html

真空タンクのメーカー情報

真空タンクのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オリオン機械株式会社
  2. 2 大東工業株式会社
  3. 3 赤田工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社エイチツー
  2. 2 株式会社ヒロテック
  3. 3 赤田工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 オリオン機械株式会社
  2. 2 赤田工業株式会社
  3. 3 大東工業株式会社

真空タンクのメーカー6社一覧


関連記事

カテゴリから探す