株式会社東陽テクニカ
アナログ・デバイセズ株式会社

【2021年版】RFアンプ メーカー12社一覧

RFアンプのメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


RFアンプとは

RFアンプとは、ラジオフリークエンシーアンプリファーの頭文字をとった略称で、入力された電圧を増幅して出力させる一般的なアンプとは違い、直流の電流を使い、ラジオなどの高周波の電力である周波数を増幅させることができます。
そのため、直流の電力の損失をすることなく、高周波の電力に増幅変換させることができるのが特徴で、効率が良いRFアンプとされています。
受信回路と送信回路のどちらに使うかによって、種類が異なります。

RFアンプの使用用途

ここで、RFアンプの使用用途について説明します。
周波数の高い回路には、受信用と送信用があり、この受信と送信のどちらに使うかによって、RFアンプの種類が異なります。
送信側に用いられるRFアンプをパワーアンプといい、高い増幅度が求められるアンプで、消費電力が小さいことが重要視されます。
受信用に使用されるRFアンプをローノイズまたはプリアンプといい、ノイズの中に信号が埋もれないよう、アンプの内部のノイズが小さいことが特徴です。

RFアンプの原理

続いて、RFアンプの原理について説明します。
RFアンプの特性は、1dBコンプレッション、増幅度、雑音指数によって定義づけられています。
まずは、1dBコンプレッションについて説明します。
電力の出力量の最大値の指標として用いられるものを、1dBコンプレッションといいます。
送信側では大きな出力が求められるため、1dBコンプレッションの領域が大きいものを選択し、上限まで使用する場合があります。
次に、ゲインとも呼ばれる増幅度について説明します。
RFアンプは入力と出力の電力比である増幅度によって、周波数特性を表現することができ、周波数の決まった範囲の中にあることを性能の判断基準にします。
最後に、雑音指数について説明します。
雑音指数は、信号とノイズの比が悪化する度合いを表現したもので、拾うことができる信号のサイズはノイズの大きさに依存するので、受信側のRFアンプを選択する際には、小さい雑音指数を選ぶことが大切です。

参考文献
https://knowledge.support.sony.jp/electronics/support/articles/S1110278003116
https://engineer-climb.com/rf-amp/

RFアンプのメーカー情報

*一部商社などの取扱い企業なども含みます。

RFアンプのメーカー12社一覧


RFアンプのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社東陽テクニカ
  2. 2 三洋工業株式会社
  3. 3 株式会社大谷工業

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社アールエーディー
  2. 2 株式会社トップウォーターシステムズ
  3. 3 マイクロウェーブファクトリー株式会社

歴史のある会社

  1. 1 理研電具製造株式会社
  2. 2 株式会社大谷工業
  3. 3 三洋工業株式会社

関連記事

カテゴリから探す

Copyright © 2021 Metoree