日本テキサス・インスツルメンツ合同会社
ローム株式会社
ルネサスエレクトロニクス株式会社
ユニソニックテクノロジー株式会社
アナログ・デバイセズ株式会社
Vishay Intertechnology, Inc.
STマイクロエレクトロニクス株式会社
NXPジャパン株式会社
Microchip Technology Inc.
Maxwell Technologies, Inc.
Maxim Integrated

【2022年版】マルチプレクサIC5選 / メーカー11社一覧

マルチプレクサICについての概要、用途、原理などをご説明します。また、マルチプレクサICのメーカー11社一覧企業ランキングも掲載しておりますので是非ご覧ください。マルチプレクサIC関連企業の2022年11月注目ランキングは1位:ローム株式会社、2位:日本テキサス・インスツルメンツ合同会社、3位:アナログ・デバイセズ株式会社となっています。

目次

マルチプレクサICのメーカー11社一覧

*一部商社などの取扱い企業なども含みます。

企業の並び替え

  • 標準
  • 従業員数順
  • 資本金の大きい順
  • 設立年古い順
  • 設立年新しい順
  • 上場企業順

マルチプレクサICのメーカーランキング

*一部商社などの取扱い企業なども含みます

注目ランキング導出方法について

注目ランキングは、2022年11月のマルチプレクサICページ内でのクリックシェアを基に算出しています。クリックシェアは、対象期間内の全企業の総クリック数を各企業のクリック数で割った値を指します。

社員数の規模

  1. ローム: 22,516人
  2. ルネサスエレクトロニクス: 18,958人
  3. Maxim Integrated: 7,040人

設立年の新しい会社

  1. NXPジャパン: 2006年
  2. ルネサスエレクトロニクス: 2002年
  3. ユニソニックテクノロジー: 1990年

歴史のある会社

  1. ローム: 1958年
  2. アナログ・デバイセズ: 1965年
  3. 日本テキサス・インスツルメンツ: 1968年

マルチプレクサIC5選

日本テキサス・インスツルメンツ合同会社
スイッチ&マルチプレクサ

特徴

この商品は、ソース及びドレインピンを使ってGND〜VDD間であればそう方向のアナログ及びデジタル信号交信が可能なCMOSマルチプレクサicです。

入力全てにおいて1.8Vロジック互換の閾値が設定されている為、TTLまたはCMOSのどちらでも互換性が保たれています。

1.8Ωとオン抵抗が低いので、動作時に電力のロスが少なくなります。

動作電源電圧範囲が1.08〜5.5Vと広い為、医療用機器から産業用システム機械などに使用する事が出来ます。

日本テキサス・インスツルメンツ合同会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都新宿区西新宿6丁目24番1号西新宿三井ビル
  • 会社サイト
  • 創業: 1968年
  • 従業員数: 1,200人
  • 資本金: 500,000,000円

製品を見る

ローム株式会社
BU4051BCF

特徴

この商品は、アナログ信号またはデジタル信号、またはそれらを複合して最大8チャンネルまで選択する事が出来るマルチプレクサicです。

電源電圧が最小で3V、最大で18Vとなっていて、作動出来る電源電圧の幅が広くなっています。

また、入力インピダースが高くなっているので回路にかかる負担が小さくなり、極めて小さな信号も受け取る事が出来ます。

電力の消費量が低い為、機械の電気代を浮かしたい方の使用に向いています。

ローム株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 京都府京都市右京区西院溝崎町21
  • 会社サイト
  • 創業: 1958年
  • 従業員数: 22,516人

製品を見る

ルネサスエレクトロニクス株式会社
High Voltage Switches

特徴

この商品は、オン抵抗が5Ωと低く、アナログ信号を最大4チャネル入力する事が出来るSPDTマルチプレクサicです。

5Ωとオン抵抗が低いので電力を損失しにくくなり、動作時のロス低減に繋がります。

また、帯域幅が830MHzと広いので、非常に速くデータを通信する事が可能です。

高性能CMOSでかつ消費電力が低いので、テレコムルーティングアプリケーション及びリモート計装アプリケーション等に使用する事が出来ます。

ルネサスエレクトロニクス株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都江東区豊洲三丁目2番24号
  • 会社サイト
  • 創業: 2002年
  • 従業員数: 18,958人

製品を見る

アナログ・デバイセズ株式会社
アナログスイッチ&マルチプレクサ

特徴

この商品は、8つの入力のどれかを3ビット・バイナリ・アドレス・ラインの決定に従い1つの共通出力Dとして出力する低電圧CMOSマルチプレクサicです。

作動させられる温度範囲が最低で-55℃、最高で210℃なので耐寒性及び耐熱性に優れています。

チャンネル全てでブレークビフォアアメークの切り替え動作が行われる為には、チャンネルを切り替えた時に瞬間的な短絡が起こりにくくなります。

低いオン抵抗を実現したので、容量が大きい機械の使用に向いています。

アナログ・デバイセズ株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都港区海岸1-16-1
  • 会社サイト
  • 創業: 1965年
  • 資本金: 454,000,000円

製品を見る

Maxim Integrated
低電圧スイッチおよびマルチプレクサ

特徴

この商品は、シリアル通信によってコントロールされている8:4フルマトリックスマルチプレクサicです。

より多くのアナログ信号あるいはデジタルデータストリームを統合出来る様になったので、基板上の接続端子のパターンやその他システムを簡素化する事に成功しました。

双方向のアナログ信号を処理する事ができ、1.6Vロジック互換の閾値が設定されています。

オン抵抗が0.5Ωと非常に小さいので、小信号化が求められるパワースイッチング用MOS-FET等の使用に向いています。

Maxim Integratedの会社概要

製品を見る

マルチプレクサICの29製品一覧

関連製品

カテゴリから探す



Copyright © 2022 Metoree