【2021年版】ホースバンド メーカー14社一覧

ホースバンドのメーカー14社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ホースバンドとは

ホースバンド

ホースバンドとは、ホースなどを接続した継ぎ手部分が外れないようにするための固定具のことです。

ネジ式、ワイヤー式、クリップ式など様々な種類があります。

クリップ式はワンタッチで留められるため便利ですが、ネジ式やワイヤー式はドライバーやスパナで留めるため、より強固に継ぎ手を締め付けることができます。

ステンレスやスチールメッキ製が多いため、水に濡れてもさびることや劣化がしにくいという特徴があります。一度強固に締めつけておけば長期間使用することができます。

ホースバンドの使用用途

ホースバンドは継ぎ手から流体が漏れ出ないようにする道具であり、様々な産業において利用されています。

身近な例では、車のボンネットの中には吸排気に用いられる配管が張り巡らされています。これらの配管の接続には多数のホースバンドが使用されています。

また家庭においてもガスコンロのガス配管や、水道で用いるホースにもホースバンドで締め付けた上で使用されます。農業、産業機械などにおいても水道やガスの配管を接続するために必要です。

学術分野においても、流体を精密に制御したい場合には、漏出を防ぐ必要があり、ホースバンドが使用されています。

ホースバンドの原理

ホースバンドは、締め付けるホースの直径や留め方に応じて多くの種類が存在します。

一般的な締め付けの範囲では、φ10~φ500mm程度のサイズが多く販売されています。

ホースバンドにおいて、ネジ式やワイヤー式ではドライバーやスパナで強固に締め付けることができます。その分、流体の漏れを抑えることができます。

ネジ式バンドの中でも「ウォームギア式バンド」は、メッキ鉄製が多く、低コストで中程度の圧力を持つホースに対して適用できるため、広く使用されています。

ワイヤータイプのバンドは、締め付け範囲はそれほど広くないものの、φ10以下の小型のホースでも均一に締め付けることができるます。

ウォームギア式バンドと並びよく使用されており、自動車関連において使われることが多いです。

また締め付け工具が無くとも締め付けできる手締めのホースバンドもあり、一般家庭において簡単に水道ホース等に使用することができます。

クリップ式はそこまで強力ではないものの、こちらもまた道具を使わず、ワンタッチでホースを留めることができます。

参考文献
https://www.hagitec.co.jp/arm/ar32.htm
http://www.shoei-ss.co.jp/info_04.html

ホースバンドのメーカー情報

ホースバンドのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 TOYOX CO.,LTD.
  2. 2 澤久工業株式会社
  3. 3 株式会社築地製作所

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社トラスト
  2. 2 株式会社富士ロック
  3. 3 株式会社丸安商会

歴史のある会社

  1. 1 フローバル株式会社
  2. 2 株式会社美貴本
  3. 3 株式会社キンキ

ホースバンドのメーカー14社一覧


関連記事

カテゴリから探す