福西電機株式会社

【2021年版】ケーブルラック メーカー12社一覧

ケーブルラックのメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ケーブルラックとは

ケーブル配線の際、ケーブルラックと呼ばれる金属製構造体を用います。

ケーブルラックは、特に真っ直ぐで長い距離に大量のケーブルを整然と効率的に敷設することを目的として利用されます。

また、ケーブルを分類し使用目的が同じものをまとめて配線するためにも活用されています。

敷設場所や目的に合わせて、適切な素材と形状を選定して使用します。

ケーブルラックは、駅や公共施設、工場、研究所といった比較的規模の大きな施設に利用されています。

ケーブルラックの使用用途

ケーブルラックを用いることで、大量のケーブルを整然と効率よく敷設することが可能です。これにより施設内の安全性を確保できるほか、作業性の向上にもつながります。


また電力用ケーブル、信号用ケーブル等、使用目的が同じケーブル同士をまとめて敷設することにより事故や誤動作の低減にも役立ちます。

ケーブルラックは屋内外を問わす設置可能ですが、ケーブル自体の損傷等を避ける、作業効率や安全性の確保、デザイン性への配慮などいろいろな要因を考慮した上での設置が望まれます。

ケーブルラックの原理

ケーブルラックは亜鉛メッキを施した鋼板、アルミ、強化プラスチックや合成樹脂などさまざまな素材を用いて作られます。

屋内での設置にはどの素材のものも利用可能ですが、屋外やガスが発生する可能性のある場所での設置にはそれぞれメッキ付き鋼板製や強化プラスチック製など、環境に適した素材を選んで使用する必要があります。

形状としては主に、はしご型、トレー型があります。

はしご型は、ケーブルの固定がしやすく視認性も高いため、垂直方向での設置に向いていますが、例えば天井近くなどに敷設した場合にはデザイン性を低下させる可能性もあります。

トレー型は、ケーブル自体を安定に固定・保持できるため、水平方向での設置に適しています。またケーブルを隠すこともできるためデザイン性が確保できる他、さまざまな曝露環境における遮蔽効果もある程度期
待できます。逆にケーブルの視認性には欠けるため、メンテナンス等の作業効率が悪くなる可能性があります。

参考文献

https://electric-facilities.jp/denki4/cr.html

https://electricwork.biz/%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E9%81%B8%E5%AE%9A%E6%96%B9%E6%B3%95/

ケーブルラックのメーカー情報

ケーブルラックのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ネグロス電工株式会社
  2. 2 未来工業株式会社
  3. 3 福西電機株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 カンサイホールディングスグループ
  2. 2 株式会社ヤマザキマテックス
  3. 3 株式会社モリデンキ

歴史のある会社

  1. 1 福西電機株式会社
  2. 2 ネグロス電工株式会社
  3. 3 南電機株式会社

ケーブルラックのメーカー12社一覧


関連記事

カテゴリから探す