安天?百電股?有限公司
大阪自動電機株式会社
ハヤシレピック株式会社
オムロン株式会社
ウシオ電機株式会社
SMK株式会社

【2021年版】タッチスイッチ メーカー11社一覧

タッチスイッチのメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


タッチスイッチとは

タッチスイッチとは、検出部に人や物が接触することでON/OFFの切り替えを行うスイッチのことです。照明や家電製品のように人が軽く触れて操作するものもあれば、物体の検知や位置決め用のセンサーとして機械内部に設置されるものなどもあり、タッチスイッチは今や私たちの生活になくてはならない存在といえます。

タッチスイッチの種類は幅広く、選定時には利便性や耐久性、作動に必要な力の強さ、力のかかる向き、設置環境などを考慮したうえで、目的に合ったものを選ぶ必要があります。

タッチスイッチの使用用途

私たちが日常生活でよく目にするタッチスイッチは、主に人が操作することを目的としています。家庭にある電化製品やショッピングモールのエレベーター・自動ドアの押ボタンなどがそれに当たります。また、最近ではスマートフォンやタッチパネルのように、画面に触れるだけで作動する静電容量式のタッチスイッチが主流となってきています。

また、産業用ロボットや工作機械の内部にもタッチスイッチは多く使用されています。工場のような危険の伴う現場では、作業員の侵入・挟まれ防止や工具の破損検知といった安全装置としての役割も担っています。

タッチスイッチの原理

タッチスイッチが作動する原理は、大別すると次の2つに分けられます。

  • 静電容量式
    検出部(電極)に指(導体)が近づくことで静電容量が発生します。これを静電容量センサーが感知することで、ON/OFFの信号を出力するというのが静電容量式タッチスイッチです。

静電容量式の場合は、導体が近づけば作動するため、検出部にガラスやアクリル板を貼ることも可能です。直接機械に触れる必要がないので、繰り返し使用しても劣化せず、従来の押ボタン式よりも高い耐久性を持っています。

  • 感圧式
    検出部に一定の圧力がかかることで作動するタッチスイッチです。スイッチの軸と平行に押し込む力のみに対応するものが一般的ですが、中には軸に対し傾きのある力にも対応できるボールベアリング軸受けタイプなどもあります。

感圧式では、スイッチが作動する動作点や信号の切り替わり点、最大ストロークなどが細かく設定されています。それゆえに、ミクロンオーダーの位置決めのような高い精度が求められる場合には感圧式が適しています。

参考文献
https://www.ipros.jp/monosiri/term/%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81
https://emb.macnica.co.jp/articles/9269/
https://www.metrol.co.jp/blog/2020/06/16/13119/

タッチスイッチのメーカー情報

タッチスイッチのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 SMK株式会社
  3. 3 グンゼ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ケイ・アンド・ディー
  2. 2 Salecom Electronics Co.,Ltd
  3. 3 株式会社ディ・エム・シー

歴史のある会社

  1. 1 グンゼ株式会社
  2. 2 ユアサ化成株式会社
  3. 3 SMK株式会社

タッチスイッチのメーカー11社一覧


関連記事

カテゴリから探す