【2021年版】セラミック塗料 メーカー3社一覧

セラミック塗料のメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


セラミック塗料とは

セラミック塗料とは、ウレタンやシリコン塗料中にセラミックを配合したものであり、厳密にはセラミック配合塗料と呼ばれます。このように既存の塗料をベースにしているため、セラミック単体の塗料は存在しません。また、セラミック特有の優れた耐候性や耐腐食性によりセラミック塗料も同等の効果を発揮すると誤解されていますが、そのような事実はありません。セラミック塗料はあくまでベースの塗料にセラミックを混合させているだけであり、その大まかな性能はベースの塗料によって決定します。

セラミック塗料の使用用途

セラミック塗料は、意匠性や機能性を付与する目的で外装塗装に使用されます。その最たる例は天然石のような石材調な塗装用途です。セラミックの微粒子が天然石のような外観と手触りを再現しています。しかし、塗装には複雑な工程と高い技術が求められます。他にも断熱性や防腐性を付与した塗料も存在しますが、すべてのセラミック塗料にこのような特性があるわけではありません。断熱や遮熱効果のあるセラミックを配合して、はじめて断熱効果を有したセラミック塗料になります。そのため、ベースの塗料と配合しているセラミックの種類を確認する必要があります。

セラミック塗料の原理

セラミック塗装は耐久性、断熱性などの機能付与、意匠性の3つの種類に分類されて使用されることが多くあります。こうしたセラミック塗料で外壁を塗装する場合は、ローラー工法と吹き付け工法のどちらかを用います。

  • 手塗りローラー工法

合成繊維などを巻き付けた専用のローラーで塗装する方法で、塗膜厚を厚くできるため耐久性を重視したい場合に用いられます。凹凸面や平滑面で使用するローラーを使い分ける必要があり手間がかかります。また、手作業で塗装しなければならず、塗装に時間がかかります。

  • 吹き付け工法

専用のスプレーを使用して塗料を吹き付けて塗装します。機械を使用することで塗装時間を大幅に短縮できるだけでなく、低コストで塗装できます。しかし、使用する塗料の量が多くなることや騒音の問題もあります。また、ピンポイントで塗装することができないため、細かい塗装には不向きであり、塗装しない箇所には養生する手間もかかります。

参考文献
https://gaiheki-tatsujin.com/6961
https://hapisumu.jp/wall-merideme-a045583/
https://gaiheki-kakekomi.com/home/ceramic/

セラミック塗料のメーカー情報

セラミック塗料のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日研株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 日研株式会社
  2. 2 株式会社アペティー
  3. 3 セラミックコート株式会社

歴史のある会社

  1. 1 セラミックコート株式会社
  2. 2 株式会社アペティー
  3. 3 日研株式会社

セラミック塗料のメーカー3社一覧


関連記事

カテゴリから探す