【2021年版】フッ素樹脂塗料 メーカー7社一覧

フッ素樹脂塗料のメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フッ素樹脂塗料とは

フッ素樹脂塗料は、塗料の中でも最高クラスの耐久性及び耐候性を有し、高層ビルなどに使われています。一般住宅ではなく高層ビルや高級マンションに使用される理由は、塗料の価格が高いからです。高価ではありますが、耐候性や耐久性、耐汚染性に優れているため一度塗装すれば、15~20年美観を維持してくれます。初期投資は大きくなりますが、メンテナンス回数を減らせるため、結果的にランニングコストを抑えられるメリットがあります。

フッ素樹脂塗料の使用用途

フッ素樹脂塗料は、主に高層ビルや高級マンションの外壁塗装に使用されています。耐候性や耐久性、耐汚染性に関して、塗料の中ではトップクラスの性能を持つため、美観維持が求められる建築物に使用されているのです。また、高層ビルなどは塗装の塗り替えを含むメンテナンスに多額の費用が掛かるため、メンテナンス回数を減らせるフッ素樹脂塗料を選択した方がコストを抑えられる場合が多くあります。費用対効果の高さが特徴ですが、適切に塗装しないと本来の効果を得られないため注意が必要です。

フッ素樹脂塗料の原理

ここではフッ素樹脂塗料が耐候性、耐久性に優れる理由や種類について説明します。フッ素樹脂は炭素同士の結合を主鎖として炭素にフッ素原子が結合しています。この炭素とフッ素原子の結合は非常に強固で安定しているため、紫外線や酸性雨、温度変化などの影響を受けにくいのです。そのため他の塗料と比較して、耐久性や耐候性が圧倒的に優れているわけです。このような性質を応用し、フライパンなどのコーティング剤として使用することもあります。フッ素樹脂塗料は主に、粉体塗料と溶剤塗料、水性塗料の3種類に分けることができます。

  • 粉体塗料

粉末塗料は、環境にやさしい低VOC塗料であり経済性に優れます。厚膜塗装が可能になるため、複数回塗り重ねる必要がなく作業効率も上がります。

  • 油剤塗料

油剤塗料は硬化剤などを使用するためにおいの問題はありますが、塗料としての性能は最高品質を誇ります。

  • 水性塗料

水性塗料は、溶剤特有のにおいがしないため環境や人にやさしい塗料です。溶剤塗料と比べ性能は若干劣りますが、それでも十分な性能を持ちます。溶剤タイプより単価が安いのも特徴です。

参考文献
https://gaiheki-tatsujin.com/11129
https://www.dnt.co.jp/products/kind/3.html
https://gaiheki-kakekomi.com/home/fusso/

フッ素樹脂塗料のメーカー情報

フッ素樹脂塗料のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 AGC株式会社
  2. 2 エスケー化研株式会社
  3. 3 三井・ケマーズフロロプロダクツ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社サーフコート
  2. 2 日本ペイント株式会社
  3. 3 三井・ケマーズフロロプロダクツ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 AGC株式会社
  2. 2 KFケミカル株式会社
  3. 3 エスケー化研株式会社

フッ素樹脂塗料のメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す