【2021年版】シリコン樹脂塗料 メーカー3社一覧

シリコン樹脂塗料のメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


シリコン樹脂塗料とは

シリコン樹脂塗料とは、シリコンを主成分とした合成塗料で、数ある塗料の中で最もよく使用されています。厳密に定義するとシリコン樹脂にアクリル樹脂を加えて変性させているため、アクリルシリコン樹脂塗料と呼びますが、アクリルを省略して呼ばれることが多くあります。シリコン樹脂は、酸化しにくく結合力の強いシロキサン結合を有しているため、耐熱性や耐候性、耐水性、耐薬品性など優れた特性を発揮します。現在では、コストパフォーマンスの観点から、外壁塗装の際のスタンダードな塗料として位置づけられています。

シリコン樹脂塗料の使用用途

シリコン樹脂塗料はコストパフォーマンスの高さから外壁の塗装に最も使用されています。耐熱性や耐水性、耐候性に優れるため10~15年の耐用年数を誇ります。安価なアクリル樹脂塗料やウレタン樹脂塗料の耐用年数は8年弱であり、シリコン樹脂塗料の性能の高さがうかがえます。単価はアルカリ樹脂塗料の方が安価ですが、ランニングコストで考えるとシリコン樹脂塗料が有利なため、住宅の外壁塗装などはシリコン樹脂塗料を選択するのが一般的です。また、シリコン含有量によって価格や性能が変化するため、注意が必要です。

シリコン樹脂塗料の原理

シリコン樹脂塗料は、使用する希釈剤によって水性と油性塗料の2つに分けられます。さらに油性塗料は使用直前に2種類の塗料を混合する2液型塗料も存在するため、以下の3種類に細分化できます。

  • 水性1液型塗料

水性塗料は希釈剤に水を使用するため塗料特有のにおいを低減させることができます。それに加えて光沢が美しく表現でき、防カビや耐久力も併せ持ちます。また、有機溶剤を使用しないため環境にやさしい塗料と言えます。

  • 油剤1液型塗料

油性塗料のため塗布面との密着性が非常に高く、アルミやステンレスなどの金属にも直接塗布できます。また、水性塗料と比べて耐久性が高いため長期間きれいな状態を維持できます。一方でシンナー臭が強いため施工時には注意が必要です。

  • 油剤2液型塗料

基本的な特性は油性塗料と変わりませんが、1液型と比較して耐久性が高く劣化がしにくいメリットを持ちます。また、使用可能な素材が1液型よりもさらに広くなるため、非常に使いやすい塗料です。ただ、混合後はすぐに使用しなければならないため、使用量を適切に管理しなければならず、手間がかかるというデメリットがあります。

参考文献
https://gaiheki-tatsujin.com/12871
https://www.nuri-kae.jp/column/articles/112
https://www.dnt.co.jp/products/kind/5.html

シリコン樹脂塗料のメーカー情報

シリコン樹脂塗料のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 エスケー化研株式会社
  2. 2 ロックペイント株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 サンデーペイント株式会社
  2. 2 エスケー化研株式会社
  3. 3 ロックペイント株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ロックペイント株式会社
  2. 2 エスケー化研株式会社
  3. 3 サンデーペイント株式会社

シリコン樹脂塗料のメーカー3社一覧


関連記事

カテゴリから探す