【2021年版】光触媒塗料 メーカー4社一覧

光触媒塗料のメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


光触媒塗料とは

光触媒塗料とは、セルフクリーニング機能を付与した機能性塗料の一種です。セルフクリーニングとは人が手を加えることなく、天気など自然の力だけで汚れを洗浄しきれいな状態を維持する機能です。光触媒塗料に含まれている酸化チタンが太陽光の紫外線と反応すると活性酸素が発生します。活性酸素は大気汚染物質を分解する性質があるため、塗装面に汚れが吸着するのを抑制します。また、光触媒塗料は親水性のため雨天時に水が付着し、水の層が形成されると同時に汚れが洗い流されます。

光触媒塗料の使用用途

光触媒塗料は定期的なメンテナンスが困難な外壁の塗装に使用されますが、施工実績は他の塗料と比較すると多くはありません。セルフクリーニング作用を有する機能性塗料で、優れた耐久性を示します。ハイグレード塗料であるフッ素樹脂塗料の耐久年数は15~20年であり、光触媒塗料も同等の耐久性を誇ります。そのためメンテナンス回数を抑えたい高層ビルなどに使用されることもあります。高品質な塗料のため初期投資は非常に高額になりますが、ランニングコストを抑えれるメリットがあります。

光触媒塗料の特徴

ここでは光触媒塗料のセルフクリーニング作用原理と種類について概説します。光触媒塗料は親水性が非常に高く、チリやホコリなどの汚れの吸着を防ぎます。また、太陽光などが照射することにより、塗料中の酸化チタンが活性酸素(スーパーオキサイドイオンや水酸ラジカル)を発生させます。活性酸素は排気ガス等の汚染物質を分解し、雨天時に汚れを洗い流し、美観を維持します。さらに酸化チタンは安全性の高い物質のため、環境に配慮した塗料でもあります。

  • 紫外線型塗料
    紫外線型の光触媒塗料は、セルフクリーニング効果を得るには紫外線の照射が必須になります。ただ、可視光型塗料の方が機能性に優れるため、紫外線型塗料を使用するメリットがなくなりつつあります。
  • 可視光型塗料
    可視光型の光触媒塗料は、紫外線に限らず光が照射するだけで効果を得られるため、高いセルフクリーニング作用を発揮できます。特殊な用途でない限り可視光型を選択するのが一般的とされています。

参考文献
https://gaiheki-kakekomi.com/home/hikarisyokubaitoryo/
https://www.nuri-kae.jp/column/articles/148
https://pronuri.com/articles/2298

光触媒塗料のメーカー情報

光触媒塗料のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 荻野塗料株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社オプティマス
  2. 2 株式会社ニュートラル
  3. 3 株式会社ピアレックス・テクノロジーズ

歴史のある会社

  1. 1 荻野塗料株式会社
  2. 2 株式会社ピアレックス・テクノロジーズ
  3. 3 株式会社ニュートラル

光触媒塗料のメーカー4社一覧


関連記事

カテゴリから探す