松暉電器工業股?有限公司Song-Huei ElectriCo.,Ltd.
普耀集?株式会社
帝国通信工業株式会社
ツバメ無線株式会社
アルプスアルパイン株式会社
BI Technologies

【2021年版】スライドボリューム メーカー6社・30製品一覧

スライドボリュームのメーカー6社・30製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


スライドボリュームとは

スライドボリュームとは、つまみをひねるといったアナログ動作によって回路長を調節し、主にスピーカーなどのオーディオ機器の音量調節を行う素子のことであり、別名ポテンショメータと呼ばれる可変抵抗器のことを指します。

同じような役目をする素子としてロータリーボリュームがありますが、アナログ動作が直線軸上であるか回転軸上であるかの違いを除くと、スライドボリュームもロータリーボリュームもほとんど同じものと捉えることができます。

スライドボリュームの使用用途

スライドボリュームは、ポテンショメータの中でも特に音量調整用に用いられる機器のことを呼びますが、ボリュームの名の通り主にオーディオ機器などの音量調節用のつまみに使用されます。

ボリューム調整用のポテンショメータはロータリーボリュームとスライドボリュームがありますが、スライドボリュームはつまみの位置で何パーセントの音量になっているのかが判断しやすいため、電源を入れる前に音量の大小を予想したいラジオなどに使うと効果的です。

スライドボリュームの原理

スライドボリュームにはある長さを持った抵抗体があり、その両端電極間には一定の電圧がかかっています。その抵抗体の上に、つまみと連動して動くことができる3つ目の電極が存在し、この電極と両端電極との距離に応じた電圧を取り出すことができます。

基準側の電極にもっとも近い位置に3つ目の電極を置くと音量は最小に、逆にもっとも遠い位置に置くと最大音量が出ます。間の位置に置くと基準側の電極からの距離に応じて音量が変わりますが、その音量の大小は必ずしも線形とは限りません。使用するスライドボリュームによって、線形になるものから二次関数的に増加するものなど複数のパターンが存在します。

また、スライドボリュームは上の原理により、抵抗体の上で1つの電極を物理的にスライドさせることで音量を調節しています。そのため、抵抗体上で電極をスライドする際にわずかな電気的ノイズが発生するため、抵抗体と電極の摩擦力によっては音にノイズが混入することがあります。

参考文献
https://go.alpsalpine.jp/l/506151/2020-02-20/33dk7t

スライドボリュームのメーカー情報

スライドボリュームのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 アルプスアルパイン株式会社
  2. 2 帝国通信工業株式会社
  3. 3 ツバメ無線株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 普耀集?株式会社
  2. 2 松暉電器工業股?有限公司Song-Huei ElectriCo.,Ltd.
  3. 3 アルプスアルパイン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ツバメ無線株式会社
  2. 2 BI Technologies
  3. 3 帝国通信工業株式会社

スライドボリュームのメーカー6社一覧


スライドボリュームの30製品一覧

スライドボリュームのオンライン購入


モノタロウでチェック

関連記事

カテゴリから探す