株式会社日本抵抗器製作所
東京光音電波株式会社
北陸電気工業株式会社
サンハヤト株式会社
アルプスアルパイン株式会社
ALPHA ELECTRONICS

【2021年版】可変抵抗器 メーカー14社一覧

可変抵抗器のメーカー14社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


可変抵抗器とは

可変抵抗器は回路を設計する上で基本的な素子として電気回路や電子回路ではよく使われます。抵抗体と抵抗体の表面を移動する摺動子(しゅうどうし・ワイパー)からできており、摺動子の移動により抵抗値を自在に可変できる特徴を有します。

可変抵抗のことをポテンショメーター(potentiometer)と英語圏の方々では呼んでいます。
従って、海外に合わせるわけでもありませんが、言いやすさもあり本稿では、可変抵抗器をポテンショメーターと言い換えて以下では説明します。

様々な電子機器において使用されており、特にオーディオ機器の調節ボリュームとしての使用を代表的な一例として挙げることができます。

構造が単純でありながら性能もそこそこ良く低コストであることから便利に使用されています。このようにそこそこ性能が良いという反面で、可動部があるため摩耗により抵抗値が変化する欠点があげられます。

このようなポテンショメーターのデメリットを許容できない場合は、コスト的には高くなりますがデジタル式のソリューションを選択する方法もあります。

可変抵抗器の使用用途

ポテンショメーターは、電流の量を調整したり電圧を調整したりする働きがあります。

自由に好きな抵抗値に設定することができるという特徴を生かしポテンショメーターは以上のような回路上の役割を果たしています。

このような機能を利用して民生用機器としてはオーディオ機器の音量制御等の各種ボリューム調節用として使用されたり、ゲーム機のコントローラ等にも使用されています。

さらに、もう一つの機能として変位センサの役割をポテンショメーターは持っています。
被測定物までの距離や寸法などの測定が可能なものを変位センサと言います。
車などのワイパを動かしてその位置が変化した場合、この変位センサの機能を使い距離や寸法などを測定することが可能です。

安価で比較的精度も高いポテンショメーターは、我々が良く利用する機器や装置をはじめとして、産業機器向けの用途としても使用されており、例えば、船舶機器や医療機器、更には建築機械、工作機械などにも使用されています。

可変抵抗器の原理

ポテンショメーターは摺動子(可動部)が抵抗体の上を動いて移動した場合、抵抗体の停止した場所により抵抗値が決まります。このように構造およびメカニズムがシンプルであることから製作コストをかけずに作ることができます。

一定の電圧を抵抗体から出ている2つの端子にかけ、3本目の端子から摺動子(ワイパー)の移動する位置により異なる出力がなされます。抵抗体の表面に均一な抵抗物が塗られているため、長さあたりの抵抗値は同じになるため、摺動子(ワイパー)の移動位置で抵抗値は確定します。

以上の仕組みを利用し、実際に出力された電圧から変位量を測定します。この測定結果を変位センサとして利用したりします。
さらに、システムコントローラにアナログ量を入力して制御させたり、サーボモータの出力状態の検出などに使われます。

ポテンショメーターはリニア(リニア型)ポテンショメーターとロータリー(回転可変型)ポテンショメーターがあります。前者は直線上の位置を検出するもので、後者は回転角度を検出するものです。

単回転型と多回転型とがロータリー型(回転可変型)にはあります。これは導電性プラスチックを使用しているものなどがあります。

精度を高める目的で、抵抗値の変化が移動量に対してリニアになるように慎重に製作されています。
他の分類方法として接触型と非接触型があります。
接触式にはセラミック(ceramics)と金属(metal)を混合したサーメット(cermet)抵抗素子型、巻線抵抗素子型およびコンダクティブプラスチック(Conductive plastic)抵抗素子型などの種類があります。

以上の通り説明してきたポテンショメーターに対して、デジタルポテンショメーターがあります。以下に簡単に触れておきます。

コントローラー側でアナログ方式のポテンショメーターの摺動部を設定する電子部品がデジタルポテンショメーターです。IC内部に存在する集合抵抗をコントローラーからの制御で切り替えていきます。可動部がないため摩耗することがなく、高精度の抵抗値を安定して得ることができ、ノイズも発生しません。寿命が長く高性能という特徴があります。

アナログ方式およびデジタル方式のポテンショメーターには夫々の特徴がありますので、使用する回路で要求されるスペック、コストを考え、いずれを使うべきかの判断を行う必要があります。

参考文献
https://www.macnica.co.jp/business/semiconductor/articles/analog_devices/115321/
https://www.aor.co.jp/glossary/syllabary/potentiometer/
https://engineer-education.com/variable-resistor/
https://book.mynavi.jp/files/topics/56029_ext_90_0.pdf
https://contents.zaikostore.com/semiconductor/2814/

可変抵抗器のメーカー情報

可変抵抗器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 アルプスアルパイン株式会社
  2. 2 KOA株式会社
  3. 3 北陸電気工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 KDD株式会社
  2. 2 グローバル電子株式会社
  3. 3 ALPHA ELECTRONICS

歴史のある会社

  1. 1 富⼠抵抗器株式会社
  2. 2 KOA株式会社
  3. 3 株式会社日本抵抗器製作所

可変抵抗器のメーカー14社一覧


関連記事

カテゴリから探す