ジェフコム株式会社

【2021年版】磁器タイル用ドリル メーカー4社一覧

磁器タイル用ドリルのメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


磁器タイル用ドリルとは

磁器タイル用ドリルとは、電動工具である電動ドリルに装着する穴開け専用ビットのひとつである。電動工具は全ての機種共通の規格があり、マルチインパクトドライバーならばインパクト調整をフラットにすれば使用できる機種もあります。

インパクトドライバー専用を謳う規格の商品もありますし、電動ドリル専用のビットも市販されています。繊細な穿孔には軽量、回転のみの電動ドリルが向いています。

「ダイアモンドコアビット○○番」と素材材質そのものが商品名称になるほど、硬い材質で作られている筒刃です。

磁器タイル用ドリルの使用用途

使用用途は、主に磁器タイル、コンクリート、モルタル、瓦、大理石など硬度の高い素材に穴を開けるのが仕事です。

回転ドライバー(またはインパクトドライバー)の駆動力により、建造物で使用されるエクステリア周りの石材や、壁面の磁器タイル、プレキャスト壁面などへの穿孔に使用されています。

またDIYでも磁器タイル向けビットは600~1000円程度から市販されており、石や陶器の加工などにも使用出来ます。それより軟質の資材にも兼用して使用できますので規格違いが数種類あると経済的です。

磁器タイル用ドリルの原理

磁器タイルドリルの本体(又は先端)は、ダイアモンドや超合金製の硬質筒刃状の替刃です。「ダイアモンドはダイアモンドでしか削ることが出来ない」と称されるように、超硬質原石やそれに匹敵するタングステンや工具用鋼を研磨した刃先で作成されています。


表面加工はチタン素材によるコーティングなどで磨耗耐性を作り出しており、二重刃物のような断面層となっています。これが連続で強化磁器タイルでも石材をも穿孔できる品質を維持しています。

公には「ドリルビット」と呼称され販売されていることが多いです。高価製品では、水タンクが付録している磁器タイルドリルもあります。磨耗が激しい刃部は、オプション部品として先端の替刃のみ脱着できるので経済的です。

ドリル作業は僅かずつ削刃していくので、粉塵が飛散するのが難点ですが水タンクのガジェットを一体化することで利便性を上げています。掘削と同時に放水する仕組みでそのまま本体工具にタンクとビットを装着し使用します。

因みに手動式用具もあり、手押し回転部分はコの字に曲げられグリップがついています。正確な位置に垂直に固定し、螺旋状の溝があるビット先端を押し込むようにして穴を開けます。

参考文献
https://item.rakuten.co.jp/kentikuboy/a-61759/

磁器タイル用ドリルのメーカー情報

磁器タイル用ドリルのメーカー4社一覧


磁器タイル用ドリルのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ジェフコム株式会社
  2. 2 ユニカ株式会社
  3. 3 株式会社コマドリル

設立年の新しい会社

  1. 1 ジェフコム株式会社
  2. 2 ユニカ株式会社
  3. 3 株式会社コマドリル

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ミヤナガ
  2. 2 株式会社コマドリル
  3. 3 ユニカ株式会社

関連記事

カテゴリから探す