ハカルプラス株式会社

【2021年版】粉体計量機 メーカー17社一覧

粉体計量機のメーカー17社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


紛体計量機とは

紛体計量機(英語:Powder weighing machine)とは、計量用の粉体を種類別に分けて保管しておく保管ケースと電子天秤の2つの構成から成り立つ測定機のことです。

通常作業者が素手で作業するには危険な粉体や測定精度を高める場合に使用します。

測定自体は保管ケースより測定用の粉体を電子天秤へ供給し測定する形となります。

粉を分散し供給することでダマになることを防ぎ高精度に測定するなどの技術開発が進んでいます。

紛体計量機の使用用途

紛体計量機は粉体を安全に温度・湿度を保ち高精度に分量を測定するための測定機です。

具体的な使用事例としては、以下のようなものがあります。

  • 絶縁用粉体の混載割合確認のための計量
  • 薬剤の研究開発における調合のための計量
  • 農薬の研究開発における調合のための計量

粉体を測定する上では、流動性が重要になってくるためクリーンルームや恒温室環境下での計測が推奨されます。

また粉体計量機自体に恒温環境が付帯しているものも存在します。

紛体計量機の原理

一般的な光電センサーは、水分子によって光を反射や拡散しながらも液体を検知・検出することは可能ですが、透明な水では光が透過すると同時に光の減衰量が非常に小さく検知することが困難であり、色のついた水や色の濃度が異なる水などでも減衰量が変わることで更に検知が困難になります。

一方、水検出センサーは、光電センサーと同様に投光側、受光側のセンサーで構成され、水分子に吸収される長波長の光には、主に1.45um(1450nm)の赤外光が用いられることが特徴です。

この水分子に吸収される長波長の光を水検出センサーに使用することで、透明な水、色のついた水、色の濃度が異なる水でも水分子に光が吸収し遮光されるため、安定して水を検知することができます。この水検出センサーの特徴から、光電センサーでは誤動作しやすい水滴や気泡、小さな気泡が蓄積した泡などの液-成分に水が使用されている場合、同様に水分子に光が吸収し遮光されるため、安定して水を検知することもできます。

参考文献
https://alpha-kabu.com/product/weight/zero
https://www.toyohi.co.jp/bulk/no06.html

粉体計量機のメーカー情報

粉体計量機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社イシダ
  2. 2 ハカルプラス株式会社
  3. 3 ツカサ工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 アルファ株式会社
  2. 2 ユーラステクノ株式会社
  3. 3 株式会社プラスワンテクノ

歴史のある会社

  1. 1 株式会社イシダ
  2. 2 ハカルプラス株式会社
  3. 3 関東混合機工業株式会社

粉体計量機のメーカー17社一覧


関連記事

カテゴリから探す