【2021年版】排水マス メーカー15社一覧

排水マスのメーカー15社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


排水マスとは

排水マスとは下水設備の詰まりを防止するために設置されているマス状の構造物のことを指します。

通常、下水用の配管は地中、しばしば建造物の下に埋め込まれており、詰まった際にそれを掘り起こして清掃することは非現実的ですが、蓋を開けて清掃可能な排水マスを途中に設置し、排水マス内に固形成分を溜め込むことでリスクを未然に防ぐことができます。

排水マスには大きく分けて雨水を溜め込む雨水マスと排水を溜め込む汚水マス、また、道路の側溝に設けられている集水マスが存在します。

排水マスの使用用途

排水マスは主に一般の住宅に降り注ぐ雨や生活排水の処理に使用されています。

雨水マスは住宅の雨樋と繋がっており、雨水を一度マスで受けて敷地外に繋がる排水管に流す、もしくは地中に雨水を浸透させるために使用されます。

一方、汚水マスは住宅の排水溝と繋がっており、生活排水を一度汚水マスで受けることにより配管を詰まらせるような物質が下水道に流れることを防ぐ、もしくはマスにより流量を調整し、処理能力を超えた排水が下水道に流れないようにするために使用されます。

マスの点検、清掃の際は上部に設置したマンホールを開けることによって容易に清掃可能です。

排水マスの原理

汚水マスの原理は種類によらずほぼ共通で、雨水や排水が流れ込む配管、排水を貯め込むトラップマス(コンクリート製もしくは塩ビ製)、排水管及び清掃用のマンホールから構成されています。排水管は家庭用の場合、下水道もしくは浄化槽へと接続されます。

マスの部分は流れ込む配管や排水管よりも低い位置に設置されており、雨水や汚水と一緒に排出されたごみ等はそのまま排出されずトラップマスの部分に堆積するため、配管の詰まりを防ぐことができます。また、トラップマスの部分で一度水を貯め込むことにより、一度に大量の排水が排出されることを防ぎます。

雨水を処理する場合、マスやマンホールの部分に目的に応じた工夫が施されています。地中に雨水を浸透させる目的で使用される場合は塩ビ製のトラップマスに穴を開けたものが使用されており、また、道路の排水に用いられる集水マスではマンホールに穴を開け、直接雨水を取り入れることにより、排水機能を向上させています。

排水マスの仕組み

排水マスは、点検口の総称です。

まず、排水マスに含まれている汚水マスの仕組みを説明します。汚水マスは、インバートマスとも呼ばれ、家庭にある水回りの各所に設置されており、排水を貯めて浮遊物と沈殿物に分離する機能を持っています。家庭から出た生活排水は、排水管から汚水マスに流入されます。そして、水に浮く浮遊物や水の底に沈む沈殿物は、下水道に流入しないようにマスの中間の位置で排水を行います。よって、水位が一定の位置に上昇してこなければ排水は行われないようになっています。

下水道に繋がっている排水管は、直管や直管にエルボー継手が接続されたタイプがあります。汚水マスは、こびり付いた汚れを自浄する作用が小さいため定期的に清掃をする必要があります。特にエルボ継手が接続されているタイプは、沈殿物が多くなると下水道に排水することができなくなりやすいため注意が必要です。

排水マスの種類

排水マスには、汚水マスの他にも様々な種類があります。

まず、雨水マスです。

雨水マスは、円筒形のバケツ形状をしており、雨水を貯めて排水する機能を持っています。住宅周りの雨樋に沿って設置されており、屋根や敷地内の排水量を計算して設置する個数を決めています。雨水をどのように排水するかは自治体によって取り決めが違うことが多いです。外溝に排水しない場合は、雨水管に排水する方法と浸透マスを設置して地面に吸水させる方法があります。雨水管を使用する場合には、下水道の処理に分流式が取り入れられており、汚水と雨水を別々の管で集合させてそれぞれを処理施設に運ぶため接続には注意が必要です。

つぎに会所マスや公共マスがあります。

会所マスは、汚水マスや雨水マスなどを詰まりにくくするために各要所に配置したり排水管の方向転換を行う場合に設置されます。

公共マスは、住宅側と公道側で下水道に接続する前の最終集合マスになっています。一般的に公共マスの設置は、下水道管理者が行います。

最後に泥溜マスやドロップマスがあります。

泥溜マスは、公道沿いにある集水マスに似た構造になっています。雨水などの通路の途中に設置することでゴミや泥などを沈殿させて管のつまりを解消しています。

ドロップマスは、適切な勾配を取るために設置するマスです。排水を行う際に一定の勾配から外れてしまうと排水ができないため角度の調整を行うために設置します。

参考文献
https://xn--yyv.com/type.html
https://xn--yyv.com/shusui.html
https://iekoma.com/part/sanitary/drainagepipe/htsadmin-836/
https://iekoma.com/part/sanitary/drainagepipe/htsadmin-836/
https://sq.jbr.co.jp/library/1235
https://bikensya.com/faq/post-4204/
https://www.city.kasama.lg.jp/sp/page/page010556.html
https://www.takiron-ci.co.jp/product/product_03/usuishintoumasu/
https://www.maboko.net/advice-01/
https://www2.city.kanazawa.ishikawa.jp/sewer/use02/masu/
https://iekoma.com/part/sanitary/drainagepipe/htsadmin-836/
https://w-wallet.com/page731.html

排水マスのメーカー情報

排水マスのメーカー15社一覧


排水マスのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 タキロンシーアイ株式会社
  2. 2 株式会社クボタケミックス
  3. 3 前澤化成工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社クボタケミックス
  2. 2 下田エコテック株式会社
  3. 3 プラスチック・マスマンホール協会

歴史のある会社

  1. 1 タキロンシーアイ株式会社
  2. 2 フローバル株式会社
  3. 3 クリエイト株式会社

関連記事

カテゴリから探す