【2021年版】雨水マス メーカー12社一覧

雨水マスのメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


雨水マスとは

雨水マスとは、雨水を集め、スムーズに排水させるための設備です。住宅や道路などに設置されます。雨水マス住宅の屋根を伝って集まった雨水を流すものと、道路に溜まった水を流すものとして大きく分けられます。また、雨水マスで使われている方式には浸透式と非浸透式の2種類が存在します。自治体によっては、補助金を出して浸透式の雨水マスの設置を推進していますが、土地によっては、浸透式の雨水マスを設置できない所もあります。

雨水マスの使用用途

雨水マスは一般家庭から、ビル・商業施設・公園など多くの場所に存在しています。都市部の浸水被害防止の対策として、雨水の流出をコントロールする雨水貯蔵施設の設置が進められています。場所や用途に応じて、様々な機能をもった雨水マスが設置されています。一般家庭でも雨水マスは広く普及していますが、機能を維持して快適に使用するためには、定期的なメンテナンスが必要です。水が溜まった場合、夏場は蚊が発生することもあります。また、泥が溜まると水が流れにくくなる場合があります。

雨水マスの原理

雨水マスの種類・素材について説明します。

雨水マスには、浸透式と非浸透式2種類が存在します。浸透式は、雨水マスの側面に穴が空いており、水を地面に染み込ませて水を処理します。また、非浸透式は下水へ水が流れるように配管を繋げています。浸透式の雨水マスは、マスと浸透管の接続方法によって地面に浸透する水の量をコントロールすることができます。そのため、レイアウトが容易で扱いやすい塩ビ管の雨水マスが多く利用されています。浸透式の雨水マスの利点は、大雨の浸水被害を軽減させることができることです。また、水資源の保護にも繋がります。地下水位が高い所や、急傾斜地では、安全面の観点から浸透式の雨水マスを使用することはできません。

雨水マスに使われる素材は塩ビ・コンクリートなどがありますが、塩ビ製が使われることが多いです。軽いので取り扱いやすく施工がしやすいです。排水管との接続がしやすくコンパクトなので、埋設するスペースが限られている一般家庭などでも設置しやすいといわれています。

参考文献
https://www.gesui.metro.tokyo.lg.jp/information/qa/fqmenu1/fq1009/index.html
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmez/63/0/63_38_2/_pdf/-char/ja
https://www.city.shinagawa.tokyo.jp/ct/other000042900/250612usuisinntou-panhu.pdf

雨水マスのメーカー情報

雨水マスのメーカー12社一覧


雨水マスのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 積水化学工業株式会社
  2. 2 タキロンシーアイ株式会社
  3. 3 ユアサ商事株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社クボタケミックス
  2. 2 プラスチック・マスマンホール協会
  3. 3 城東リプロン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 タキロンシーアイ株式会社
  2. 2 ユアサ商事株式会社
  3. 3 クリエイト株式会社

関連記事

カテゴリから探す