【2021年版】急速凍結機 メーカー10社一覧

急速凍結機のメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


急速凍結機とは

急速凍結機

急速凍結機(Quick freezer / Sharp freezer)は[最大の氷結晶生成温度帯]という水分が水から氷に変化する温度帯を素早く突破させる冷凍方法で、
凍らせる前と近い状態を維持させることができる装置です。

平均氷点下40℃~氷点下110℃までコントロールできます。機種によって扱いやすさや凍結スピードに差がありますので、
実験及び研究分野の条件に合わせて凍らせたい試料に最適な機械を選ぶことが重要です。

急速凍結機の使用用途

急速凍結装置は、主に食品製造業者、水産仲買業者、菓子店、洋菓子店、和牛販売店、冷凍寿司製造業者、
遺伝工学、生命科学分野などで使用されています。

具体的には、食肉卸加工や加工、ハム・ソーセージのテンパリング、水産加工、水産卸、畜産加工、
冷凍フルーツの保存、病院食や介護食の保存、配送、スーパーやレストランといった加工および調理現場での食品凍結、
果物や野菜類の凍結、そして飲料凍結、氷菓類凍結に使用されています。

遺伝工学、生命科学分野では試料の長期保管などの目的で使用されます。

急速凍結機の原理

一般的な冷凍方法では、組織内で大きな氷の結晶が生じて組織に損傷を与えますが、急速に凍結すると組織内の水分が
数秒以内で急速に中まで凍るため、氷の結晶が大きくなるのを防止でき、また解凍した際に組織の損傷を防止できます。

急速凍結方式には、冷たい風で凍らせるエアブラスト方式と低温液体で凍らせるリキッド方式(液体凍結方式)があります。

エアブラスト方式は、装置内に冷風の乱流を起こし、冷たい風が試料を包み込むようにして一気に冷凍することができます。
エアブラスト方式は冷気が同時に均一に伝わらないと、風の当たる所と届かない所の凍結速度に差が生じるという短所があり、
湿度を高くすることによって温度伝達力を高めると改善することができます。

液体凍結方式は-35℃以下に冷却されたアルコールで満たされたタンク内に試料を入れて凍結する方式です。

最短約10秒程度で凍り始めるこの液体凍結方式は、熱伝導率が高いため細胞破壊を防止し、凍結前とほぼ同じ状態を維持する
ことができます。

急速凍結機の価格

家庭用の急速凍結機の価格は、5万円から20万円ほどが相場です。値段のポイントは、庫内の容量に応じて決まることが一般的です。

業務用の急速凍結機は家庭用と違い、1時間あたりの凍結能力で決まります。つまり、対象の食品を何kg冷凍させたいのか、により決まります。時間あたりの希望凍結量を基準に選択するため、急速凍結機の機種は豊富に揃っています。

最小モデルの急速凍結機は、1時間あたり10kgで、約200万円です。大きなモデルでは、1時間あたり数トンの機械も揃えています。さらに、設置費用などを計算するため最低価格は約300万円からと見込むべきでしょう。

急速凍結機選びのポイント

急速凍結機の価格は扱う容量のモデルで決まりますが、導入するにあたり価格が大きく変動するポイントがあります。それを知らずに購入すると、本体価格以外の費用が発生します。導入検討の際には、価格決定に重要なポイントです。

まず、設置場所は建物の1階か、1階以上かで費用が違います。急速凍結機のような大型機材の搬入には、作業員が多く必要です。1階への搬入でも、1人増えるたびに数千円の費用がかかると思ってよいでしょう。また、高所への搬入にはクレーン車を用いるため、数万円の費用が発生します。

次に注目するポイントは、導入する急速凍結機は冷凍機が一体型であるか、別置型であるかです。別置型とは、室外機が必要な場合です。室外機の本体価格と設置費用も検討のポイントにしましょう。

急速冷凍機導入時に適用する補助金

急速凍結機は数百万円する機械です。将来的に利益を生むとしても、中小企業では簡単に決定できる買い物ではありません。そこで、全国中小企業団体中央会から「ものづくり補助金」制度が導入されています。

ものづくり補助金は、中小企業が経営革新のための設備投資などに使える補助金です。補助率は最大3分の2、補助額は最大1000万円です。毎年希望者を募っており、支援を受けられれば、生産性の向上や導入費用の大幅削減など、事業の大きな助けとなるでしょう。"

参考文献
https://shunkashutou.com/quick-freeze/
https://www.technican.co.jp/column/1472/#%E6%80%A5%E9%80%9F%E5%87%8D%E7%B5%90%E3%81%A8%E3%81%AF
https://kyusokureitoki.jp/
https://shunkashutou.com/quick-freezer/price/
https://seisansei.smrj.go.jp/pdf/0101.pdf
https://portal.monodukuri-hojo.jp/
https://shunkashutou.com/hojokin-support/

急速凍結機のメーカー情報

急速凍結機のメーカー10社一覧


急速凍結機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 昭和電工ガスプロダクツ株式会社
  2. 2 KSONテック株式会社
  3. 3 株式会社菱豊フリーズシステムズ

設立年の新しい会社

  1. 1 KSONテック株式会社
  2. 2 株式会社菱豊フリーズシステムズ
  3. 3 株式会社テクニカン

歴史のある会社

  1. 1 昭和電工ガスプロダクツ株式会社
  2. 2 株式会社ゼロカラ
  3. 3 板倉冷機工業株式会社

関連記事

カテゴリから探す