【2021年版】グリーストラップ メーカー11社一覧

グリーストラップのメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


グリーストラップとは

グリーストラップとは、飲食店の厨房から排出される油を分離する装置です。油だけではなく、残飯や野菜くずも貯蔵、分離することが可能です。

厨房からの排出物は水の中に大量の油が存在しており、そのまま下水に流すと、下水管の詰まりや悪臭を引き起こします。更にひどくなると、環境汚染の原因にもなります。そのため業務用の厨房を持つ飲食店では、設置が義務付けられています。

トラップ内の汚れを放置すると、排水管の詰まりや害虫の発生につながるので、定期的に掃除をする必要があります。

グリーストラップの使用用途

飲食店では大量の油が排出されるため、基本的に設置が義務付けられています。

飲食店の中でも特にラーメン店など、油をたくさん使う場所では排出物の問題が大きくなります。

ラーメンの場合、スープに大量の油が含まれています。中でも使われている油は冷えると固まる性質をもつため、配管を詰まらせる恐れがあります。また容器の洗浄排水にも大量の油が含まれ、トラップでの分離が追いつかない場合もあります。

店によっては財団法人と手を組み、高性能なトラップ装置を導入しているところもあります。

グリーストラップの原理

グリーストラップは、3つの槽から構成されています。

  • 第1槽
    厨房からの排出物が最初に通る槽です。
    この槽には網目状のカゴが設置されています。カゴの中で残飯や野菜くずなど、比較的大きめのごみを取り除きます。また汚泥など水よりも重い排出物も沈殿により、除去されます。
  • 第2槽
    真ん中の槽です。この槽では油を分離し、除去します。
    油は水より比重が小さいことを利用しています。この槽にはカゴのような設置物がないので、一面に油が浮かんできます。
    浮かんだ油を除去し、水を第3槽に運びます。
  • 第3槽
    最後の槽で仕上げを行います。第2槽で油を除去していますが、一部は残ったままになっています。
    この槽ではトラップ管を設置し、水だけを管に移動させるようにしています。トラップ管の入り口は液体の中間ぐらいに位置しており、軽くて浮いている油を侵入させない構造になっています。

グリーストラップは使い続けると詰まりや悪臭が発生するので、定期的に掃除をする必要があります。掃除をした際に発生するごみや油は処理方法が決まっているため、ガイドラインに沿って廃棄しなければなりません。

参考文献
https://www.globar.co.jp/about/
https://www.kumamoto-waterworks.jp/waterworks_article/15720/
https://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/business/greasetrap/howto/
https://www.gesui.metro.tokyo.lg.jp/business/kanko/newstokyo/252/2/index.html
https://www.jora.jp/26_syoenetaisaku/pdf/141210shiryou3-8.pdf
https://www.isgnet.jp/greasetrap/column/10/
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kakuka/toshi/gesuikik/oshirase/1435891319718.html

グリーストラップのメーカー情報

グリーストラップのメーカー11社一覧


グリーストラップのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 タキロンシーアイ株式会社
  2. 2 ユアサ商事株式会社
  3. 3 前澤化成工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ブリーズ
  2. 2 下田エコテック株式会社
  3. 3 株式会社インサイト

歴史のある会社

  1. 1 タキロンシーアイ株式会社
  2. 2 ユアサ商事株式会社
  3. 3 大栄産業株式会社

関連記事

カテゴリから探す