産業用製品比較のメトリー
メトリー
ヤマト科学株式会社
エスペック株式会社

【2020年版】低温恒温器 メーカー5社一覧

低温恒温器のメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


低温恒温器とは

低温恒温器とは、連続的に変化する照度を段階的な数値データとして扱えるように表示板が取り付けられています。

国際単位系(SI:International System of Units)における照度の単位であるルクス(Lx:Lux)を用いて、人間の視覚によって知覚される光の明るさを測定して数値化する測定器を照度計といいます。

照度計には、デジタル式とアナログ式があり、アナログ式照度計には、連続的に変化する照度を連続的な変化を示す針等によって認知できる目盛板が取り付けられています。

低温恒温器の使用用途

低温恒温器の使用用途について記述します。

食品分野における保管や貯蔵関連試験、動植物の低温環境試験、生化学分野における低温実験、生物学分野における培養や保存試験などに用いられています。

工業分野において、温度と時間をプログラムすることにより、24時間の温度変化を再現したり、低温と高温を極端に変化させたりすることによる耐久試験や劣化試験にも用いられます。

その他、微生物、植物組織および動物組織の培養や保存などにも使用されます。

世界中の教育機関、試験機関および研究機関に設置されています。

低温恒温器の原理

低温恒温器の原理について説明します。

外部環境によって内部温度が変化しにくい断熱構造を施した外壁を有しています。

そのため、外部の温度変化の影響を最小限に抑えて、内部温度が一定に保たれる構造になっています。

低温恒温器の内部温度の加熱と冷却は、電気を流すことによって吸熱面から発熱面に熱を移動させる半導体であるペルチェ素子(Peltier device)を用いて行う事が多いです。

恒温器内側の空間温度を制御するために、エアージャケット方式(ダイレクトヒーティング)が取り入れられています。

恒温器内側の空間の設定温度を均一に保つために、恒温器の各内壁面にエアージャケットと呼ばれる空気層を作ります。この層で気流を起こして加熱と冷却による温度制御を行います。この層に囲まれた内側の空間温度は、自然対流によって均一に維持されます。

この方式の場合、試料を保存する空間に乾燥した空気や過剰な気流の発生があまり無いことから、試料に対するダメージが軽減されます。

また、大型の恒温器では、ON/OFF可能なファンを用いて、恒温器内部の空気を攪拌させることによって、空間内の温度を設定値に制御する送風循環方式が導入されている機種があります。

参考文献
https://www.yamato-net.co.jp/word/20
https://www.yamato-net.co.jp/product/category/science/incubator/low-temperature-incubator/
http://www.setsunan.ac.jp/~shikama/GraduationStudyAbstract/12EOSL/summary_Satoh.pdf
https://files.yamato-net.co.jp/support/catalog/p0199_ic402.pdf

低温恒温器のメーカー情報

低温恒温器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 三菱電機エンジニアリング株式会社
  2. 2 エスペック株式会社
  3. 3 ヤマト科学株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 三菱電機エンジニアリング株式会社
  2. 2 株式会社日本医化器械製作所
  3. 3 東京理化器械株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ヤマト科学株式会社
  2. 2 エスペック株式会社
  3. 3 東京理化器械株式会社

低温恒温器のメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す