産業用製品比較のメトリー
メトリー
株式会社廣澤精機製作所
日本電産サーボ株式会社
山洋電気株式会社
オムロン株式会社

【2020年版】AC軸流ファン9選 / メーカー7社一覧

AC軸流ファンのメーカー7社・38製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


AC軸流ファンとは

AC軸流ファンとは、機器内に発生した熱を外部に排出する目的や、反対に機器外の環境熱を内部に給気する目的で、機器内の温度を制御するための機器です。

一般的に機器の稼働や駆動をさせることで発熱する電子部品の熱処理を放置すると、機器内の電子部品は最悪の場合、故障や破損する恐れがあります。この機器内で発生した熱を直線的に給気や排気をすることで機器内の冷却効果を得るため、交流電源を使用したAC軸流ファンが使用されています。

AC軸流ファンの使用用途

一般的に機器の稼働や駆動をさせることで発熱する電子部品などの熱処理を放置すると、機器内の温度上昇によって、機器内の電子部品などは最悪の場合、故障や破損する恐れがあるため、交流電源を使用したAC軸流ファンが利用されています。

主な使用用途としては、制御盤や計測機器、自動販売機や冷蔵のショーケースなどの機器内の機器内のコンデンサやIC電子部品などを換気・冷却し、機器を長期的に使用するための用途で利用されています。

AC軸流ファンの原理

AC軸流ファンは、回転速度制御が可能なDC軸流ファンとは異なり、交流電源の周波数によって羽根の回転速度が固定されるのが一般的ですが、交流を直流に変える機能を持った特殊なACDCファンもあります。

一般的なAC軸流ファンの構造は、AC軸流ファンの中央に交流電源で駆動するブラシレスモータに対して、冷却するための羽根状の樹脂製や金属製クーリングファンが取り付けられ、このファン前方から吸気し、後方に排気されることで機器内部を冷却する構造です。

また、ファンの性能には冷却対象の発熱量に対する必要風量が最も重要であり、さまざまな環境下でファンによる冷却に対応するため、ファンの並列運転や直列運転、大型タイプや二重反転ファンなどを用いて必要風量を稼ぐこともできます。

一方、ファンを使用することによって冷却対象の機器内に埃などが長期間流入し続けることで電子部品の故障や破損を招く恐れがあるため、この場合には、ファン前方の吸気側にフィルターを設けることで、機器内へ埃や異物の流入を防ぐこともできます。

参考文献
https://www.sanyodenki.com/archive/document/product/cooling/technical_material_jp.pdf
https://www.fa.omron.co.jp/data_pdf/commentary/axialfan_tg_j_3_3.pdf

AC軸流ファンのメーカー情報

AC軸流ファンのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ミネベアミツミ株式会社
  2. 2 オムロン株式会社
  3. 3 山洋電気株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 共栄通信工業株式会社
  2. 2 ローヤル電機株式会社
  3. 3 ミネベアミツミ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 山洋電気株式会社
  2. 2 オムロン株式会社
  3. 3 株式会社廣澤精機製作所

AC軸流ファンのメーカー7社一覧


AC軸流ファン9選

60-2シリーズ

株式会社廣澤精機製作所 60-2シリーズ 画像出典: 株式会社廣澤精機製作所公式サイト

特徴

この60-2シリーズには3タイプあり、標準型と防湿型とオイルミスト型があり、それぞれ3型式ずつ存在しています。

3タイプにおいて共通の仕様が、モーター形式が単相クマトリ誘導電動機、絶縁階級がA種類105℃・E種120℃、軸受が2ボールベアリング、使用電圧範囲が定格円圧±10%以内の電圧変動で連続運転は定格電圧以下、保護方式はインピーダンスプロテクト、騒音測定は機器表面(吸光口中心線上)より1.5mの位置などといった仕様になります。

なお異なる仕様としては、使用環境で標準型及びオイルミスト型は-10~+70℃/RH35~85%で防湿型が-10~+70/RH35~95%、また保存環境で標準型及びオイルミスト型は-30~+80℃/RH20~85%で防湿型が-30~+80/RH20~95%といった仕様になります。

株式会社廣澤精機製作所の会社概要

製品を見る

60-3シリーズ

株式会社廣澤精機製作所 60-3シリーズ 画像出典: 株式会社廣澤精機製作所公式サイト

特徴

この60-3シリーズには3タイプあり、標準型と防湿型とオイルミスト型があるが、標準型のみ4型式で防湿型とオイルミスと型は3型式ずつ存在しています。

3タイプにおいて共通の仕様が、モーター形式が単相クマトリ誘導電動機、絶縁階級がA種類105℃・E種120℃、軸受が2ボールベアリング、使用電圧範囲が定格円圧±10%以内の電圧変動で連続運転は定格電圧以下、保護方式はインピーダンスプロテクト、騒音測定は機器表面(吸光口中心線上)より1.5mの位置などといった仕様になります。

なお異なる仕様としては、使用環境で標準型及びオイルミスト型は-10~+70℃/RH35~85%で防湿型が-10~+70/RH35~95%、また保存環境で標準型及びオイルミスト型は-30~+80℃/RH20~85%で防湿型が-30~+80/RH20~95%といった仕様になります。

また、標準型には防湿型とオイルミスト型には存在しない、電圧が200VAC、入力が8/7W仕様の型式があります。

株式会社廣澤精機製作所の会社概要

製品を見る

φ172mm MA55B3

日本電産サーボ株式会社 φ172mm MA55B3 画像出典: 日本電産サーボ株式会社公式サイト

特徴

このMAシリーズの中でもφ172mm MA55B3は、定格電圧が100V(±10%)、入力電力が32/28W、電流が400/310mA、拘束電流が620/600mAとこのMAシリーズの中でも高めな仕様となっております。

また、最大風量は5.5/6.5m/min・194/229CFM、最大静圧は152/186Pa・0.61/0.75inH2O、騒音は50/55dB、回転速度は2850/3400t/min、周波数は50/60Hzといった標準仕様になっております。

規格はUCP、モータはコンデンサ進相型インダクションモータを使用したサーマルプロテクト保護方式を採用しております。

また、ACファン用プラグコードとしては、T2P1、T2P2、D2P1、UL2P1、UL2P2の5つのタイプに適合します。

日本電産サーボ株式会社の会社概要

製品を見る

109-033UL

山洋電気株式会社 109-033UL 画像出典: 山洋電気株式会社公式サイト

特徴

この109-033ULは、定格電圧が115V、入力電力が4/3.5W、電流が0.04/0.04A、束縛電流が0.04/0.04A、回転速度が1500/1500min、最大風量が0.43/0.43m3/min・15.2/15.2CFM、最大静圧が8.8/8.8Pa・0.035/0.035inchH2O、音圧レベルが24/24dB(A)といった仕様となっています。

本シリーズでは、周波数が50/60Hz、仕様温度範囲が-30~+60、期待寿命が25000/60℃(56000/40℃)と共通仕様となっております。

材質は、フレームがアルミニウムで羽根が樹脂、モータ構造はくま取りモータ、モータ保護機能は拘束時焼損保護機能を採用、質量は410gといった製品になっております。

山洋電気株式会社の会社概要

製品を見る

109-040UL

山洋電気株式会社 109-040UL 画像出典: 山洋電気株式会社公式サイト

特徴

この109-040ULは、定格電圧が100V、入力電力が10/9W、電流が0.13/0.11A、束縛電流が0.16/0.14A、回転速度が2650/3100min、最大風量が0.85/1.0m3/min・30.0/35.3CFM、最大静圧が24.5/35.3Pa・0.098/0.142inchH2O、音圧レベルが40/44dB(A)といった仕様となっています。

本シリーズでは、周波数が50/60Hz、仕様温度範囲が-30~+60、期待寿命が25000/60℃(56000/40℃)と共通仕様となっております。

材質は、フレームがアルミニウムで羽根が樹脂、モータ構造はくま取りモータ、モータ保護機能は拘束時焼損保護機能を採用、質量は410gといった製品になっております。

山洋電気株式会社の会社概要

製品を見る

60mm×28mm厚(109シリーズ)

共栄通信工業株式会社 60mm×28mm厚(109シリーズ) 画像出典: 共栄通信工業株式会社公式サイト

特徴

本製品は、60mm角以上の一般的な軸流ファンで、100V系、200V系があり、50Hz・60Hzで性能が若干異なり、豊富なバリエーションがあるため、最適な仕様を選ぶことができます。

この60mm×28mm厚(109シリーズ)には、109-180と109-183の2種類あり、それぞれで異なる仕様になっています。

共通の仕様としては、周波数が50/60Hz、入力電力が5/4W、電流が0.06/0.05A、回転数が2250/2700min-1、最大風量が0.27/0.33m3/min、最大静圧が11.8/18.6Pa、音圧レベルが24/26といった仕様になります。

一方、109-180と109-183でそれぞれ異なる仕様としては、定格電圧が前者は100Vで後者は115V、拘束電流が前者は0.07/0.06Aで後者が0.06/0.05Aといったところになります。

共栄通信工業株式会社の会社概要

製品を見る

T2800シリーズ

ローヤル電機株式会社 T2800シリーズ 画像出典: ローヤル電機株式会社公式サイト

特徴

このT2800シリーズは、AC軸流用のファンで羽根が樹脂タイプ、モーター種類は単相くまとりタイプのものになります。

こちらは、一般的な産業機器の機器組み込み用として設計されており、取り付け穴の寸法が14タイプもあるシリーズになります。

設置環境については、屋内設置専用で使用周囲温度は-10℃~+70℃・RH85%以下、爆発性や揮発性のガスがない場所で、直射日光が当たらないような環境が必要です。

他にも、雨・水滴・油及びその他の液体がかからない場所で過度の振動や衝撃の掛からないかつ電磁ノイズの影響が少ない環境が必要になります。

ローヤル電機株式会社の会社概要

製品を見る

06030PB 【旧2412PS】

ミネベアミツミ株式会社 06030PB 【旧2412PS】 画像出典: ミネベアミツミ株式会社公式サイト

特徴

06030PB 【旧2412PS】の一般的な仕様は、くまとりコイル型のインダクションモータを用いた構造で、インピーダンスプロテクトのモーター保護を採用しております。

絶縁抵抗はDC500Vメガにて100MΩ以上で、絶縁耐圧はAC1800V 3s、許容環境温度の範囲は、-10℃~+70℃、寿命は25℃100000時間(故障率10%)となります。

本シリーズの型式は06030PB-A0L-AAと06030PB-A1L-AA-の2タイプあり、異なる仕様が、定格電圧は前者が100Vで後者が115V、定格電流は前者が0.08/0.07で後者が0.07/0.06、定格入力は前者が6.0/5.0で後者が4.5/4.0といったところになります。

なお材料は型式に関わらず同様で、ケーシングはアルミニウム、インペラーはプラスチック、軸受はボールベアリング、リード線はUL3266・AWG22となっています。

ミネベアミツミ株式会社の会社概要

製品を見る

R89F-M

オムロン株式会社 R89F-M 画像出典: オムロン株式会社公式サイト

特徴

R89F-Mは、電源電圧を統一することで設計工数を削減することを実現したACフリー入力軸流ファンになります。

こちらは、長寿命で交換工数の削減を可能にし、AC100-240Vといったフリー電圧入力分の品揃え、フィンガーガードやプラグコード、取り付けネジなどのセット形式で用意されている製品になります。

CEマーキング適合かつUL規格やCSAなどの各種規格も認証済みの製品になります。

本シリーズは3タイプあり、サイズが92×38mmが2タイプでそれぞれ速度が高速と低速で分かれるタイプと、サイズ異なる120×38でかつ高速のタイプが存在します。

オムロン株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 京都府京都市下京区塩小路通堀川東入
  • URL: https://www.fa.omron.co.jp/
  • 創業: 1933年
  • 従業員数: 28,006人

製品を見る

AC軸流ファンの38製品一覧

AC軸流ファンのオンライン購入


モノタロウでチェック


Amazonでチェック


アズワンでチェック


ミスミでチェック

AC軸流ファンのレンタル


ヤフオクでチェック

カテゴリから探す


センサー


試験機


モーター


ポンプ


リレー


検査装置


アナライザ


ダイオード


測定機器


観察機器


プリンター


コンデンサ


スイッチ


ロボット


カメラ


コネクタ


メーター・計測機器


ジェネレータ・発生器