産業用製品比較のメトリー
メトリー
東京硝子器械株式会社

【2020年版】温度調整器 メーカー5社一覧

温度調整器のメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


温度調節器とは

温度調節器はその名の通り、対象環境内の温度を自動で調整する制御機器のことを言う。 古くから存在し、機械式のものから電子式のものまでさまざまである。 機械式のものは目標温度が固定のものからダイヤルで目標温度を変更できるものがあり、サーモスタットと呼ばれる。サーモスタットは測定する温度調整をする対象環境内に直接設置する必要がある。 電子式のものは制御機器に目標温度を設定するところがあり、温度調整をする対象環境内に温度センサーを設けて温度を調整する。温度の調整方法にも大きく2通りあり、ON/OFF制御方式・PID制御方式の2種類がある。

温度調節器の使用用途

一般家庭から産業用まで多岐にわたって使用される。 一般家庭では機械式のものが多く、身近なところではトースターやこたつなど安価なものに使用される。一般家庭でもエアコン・ファンヒーターなど緻密な制御が必要なところには電子式のものが使用される。 産業用では、空調関係はもちろん、製造設備内の庫内温度や製造工程で使用する水や薬液の温度制御などに使用される。また大型のものであれば、ごみ焼却場などの燃焼温度やセラミックの焼成などに使われる窯の温度調整などにも使用される。

温度調節器の原理

サーモスタット(機械式温度調節器)は、内部にバイメタルと電気接点が設られている。 バイメタルは温度の変化で金属が膨張する仕組みを利用している。膨張率の違う2つの金属を張り合わせることで、温度が変化したときにバイメタルが変形することで電気接点をON/OFFさせる。ヒーター制御の場合、バイメタルに設置された電気接点とケース側に設置された金属接点と接触した状態にありますが、温度が加わるとバイメタルが変形し接点が切り離されます。 構造的に簡単であるため安価ではあるが、一般的には精度が低く、また単純な制御しかできないという特徴があります。 電子式のものは、温度センサーの入力とヒーターなどの温度を制御をする部品の出力部を備えています。 センサーで温度を読み取り、目標値より現在値の温度が低い場合にヒーターをオン、目標値を超えた場合にヒーターをオフ、といったような単純な制御(ON/OFF制御)のものと、目標値と現在値の温度差が大きい場合はヒーターに流す電流を大きく、目標値と現在値の温度差が小さくなるとヒーターに流す電流を小さくと細かな制御(PID)をするものがあります。 PID制御においては使用するヒーターと環境によって、ヒーターを最大にすると短時間で対象の温度が変化し、目標値を超えてしまう(オーバーシュート)という現象が起きます。このため、オートチューニング機能が付属しているものもあり、自動的にオーバーシュートをせずにかつ短時間で目標値に到達するように自動で制御する仕組みを備えています。

参考文献
https://www.fa.omron.co.jp/guide/technicalguide/53/103/index.html#:~:text=%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E8%AA%BF%E7%AF%80%E5%99%A8%E3%81%A8%E3%81%AF,%E8%AA%BF%E7%AF%80%E8%A8%88%E3%81%A8%E5%91%BC%E3%81%B3%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

温度調整器のメーカー情報

温度調整器のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ユニコントロールズ株式会社
  2. 2 東京硝子器械株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ヴェアリアスマーケティング株式会社
  2. 2 エックスバイオ株式会社
  3. 3 河合電器産業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 東京硝子器械株式会社
  2. 2 ユニコントロールズ株式会社
  3. 3 河合電器産業株式会社

温度調整器のメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す