【2021年版】バール メーカー2社一覧

バールのメーカー2社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


バールとは

バール

バールは鉄製の工具で、住宅用などの大きめの鉄くぎを抜いたりするときに使います。形状はシンプルで、先が割れていて、L字に曲がっています。先の割れている部分に釘をはさみ力を加え、L字部分を支点としてに力が加わるようにし、引き抜くことができます。

バールは基本的には釘抜きとして利用しますが、鉄製のため重量があるのでハンマーのように打ち付けたりすることもできます。バールの形状は三種類ほどあり、用途に応じて選択します。

バールの使用用途

バールは、釘抜きとして大工仕事の際によく使用されています。住宅の解体や改修等では、釘と、釘が打たれた木材を分別しなければなりません。釘を浮かせることができれば少ない力で釘が抜けるため、バールが活躍しています。家庭でもDIYなどをする際にあると便利です。

また、釘を抜く用途だけでなく、荷箱を開けたり、引っ張ったり、木工製品を解体する用途で使用されることもあります。他にも、鉄製の重みを利用してハンマーとしても活用されます。

バールの原理

バールのサイズは大きいものだと60㎝程度ですが、小さいものでは25㎝程度のものもあります。住宅用など大きい釘には長いバールを使用します。使用する用途に応じたサイズを選択します。バールの形状は大きく分けて3種類あります。

  • 平バール
    片側の先端部が割れていて、釘をはさめるようになっています。L字型に曲がってるのでくぎ抜きとして使用します。もう片方は薄く平たい刃になっています。刃のほうは、家具や箱をこじ開ける時や、釘を浮かせる時に使用します。一般的なバールの形状は平バールです。
  • 鍛冶屋(かじや)
    鍛冶屋は両側とも先端が割れていて、釘起こしがしやすいです。L字型に曲がっている釘抜きと、棒の先端が釘抜きになっている部分があります。L字型の方はハンマーとして利用できます。
  • 三徳釘締め
    先端が細くとがっていて、釘締めやハンマーとしても使用できるような構造になっています。

バールは、指定侵入工具に指定されています。そのため、理由なく隠して携帯することは法律によって禁止されています。

バールの使い方

工事現場などで、くぎを抜くときに使用されるバールは重く、鉄製でできるため、使い方を誤れば大きな怪我をします。

安全に使用するために、ここではバールの使い方について解説します。

1.木材などの根元に入っているくぎの頭を浮かせるため、バールをくぎの頭にあて、ハンマーなどで叩きます。 くぎの頭が出てきますので、引っこ抜きやすくなります。

2.浮かんだくぎを、バールの根元まで差し込みます。

3.下に置いた木材を片足で踏みながら、てこの原理を応用してくぎをぬきます。 40mm 以上の長さをもつくぎですと、簡単に抜くことが難しいです。

そのためバールでギリギリまで木材まで出したら、後はペンチなどを使用してくぎを最後まで抜くのが良い方法です。

おすすめバールの選び方

一口にバールと言っても、長さは16cmから1m以上するものや、形状のことなるものなど様々な種類があります。

無論、バールの種類によってその用途もことなってきます。

そこで、種類ごとにおすすめバールを紹介します。

1.平バールは握りやすいオーソドックスなタイプ
最もオーソドックスなバールが、断面が扁平になっている平バールになります。 多くの人が目にするバールだと思います。 平バールは、直線形状部分にくぼみがあるため、そこに指をかけることで非常に握りやすく作られています。

2. 六角・八角バールは万能タイプ
その名前のとおり、断面の形状が六角形、八角形になっているバールです。 そのためあらゆる方向に力に耐えられ、柄に角がついて滑りにくくなっているため、握力の弱い人でも簡単に扱うことができます。 災害時などにも使いやすいので、家庭に常備しておくのにおすすめのバールです。

3.パイプバラシバールは軽量タイプ
バール内部が金属パイプのようになっているものです。 軽量なので長時間作業でも疲れにくくなるバールです。 ただし強度が弱いため、普段はDIYなどの趣味用として使用するのがおすすめです。

参考文献
https://www.monotaro.com/s/pages/productinfo/bar_howtouse/
https://diytools1.com/2016/05/01/post-14243/
http://benrikougu.com/bar/
https://e-ny.net/40379#i-3

バールのメーカー情報

バールのメーカー2社一覧


バールのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 モトコマ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社マーベル
  2. 2 モトコマ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 モトコマ株式会社
  2. 2 株式会社マーベル

関連記事

カテゴリから探す