【2021年版】刻印パンチ メーカー2社一覧

刻印パンチのメーカー2社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


刻印パンチとは

刻印パンチとは、薄板状の金属材質やパンチ本体の材質よりも軟質な素材の金属、非金属質の表面に刻印する為の道具及び部品の総称です。

DIY用品として英数字やマークを刻印できる刻印パンチのロッドセットが市販されています。又、業務製造向けでは大量生産品に刻印するため、製造出荷元の屋号名称や社章などをあらかじめ作成しておきレーザー式、プレス式機械操作において打印するものがあります。

シリアル番号や表示義務マークなどを刻印する他、趣味の作成物のデザインレイアウトなどにも広く使われています。

刻印パンチの使用用途

使用用途は、製造機器 機械、ほか金属で作成、製造されたものへのマーキングが目的です。具体例として資産として取引される金塊(ゴルドバー)の表面の刻印です。通し番号表示という目的だけではなく、すべてにおき「一点物の価値」の証としての手仕事が至極の品質を作り出しています。

大量製造品においては製造ラインやシリアルナンバーの刻印が主な用途です。又JISマーク、ISO認証マークなど、表示したほうが望ましい刻印があるときにロットを追加し配列に使用されます。信用のおける高品質を謳うことが目的です。

刻印パンチの原理

特徴、方式は様々でレバー式やプレス式などは機械に装着し操舵します。手作業に使われる刻印パンチは概ね、アルファベット、数字、マークが一本に一つ金型加工で作成されています。スティック本体は角材加工されたスティックで鉄や鋼、スチールなど比較的硬質な金属でできています。

使い方は、ノミで言うところのカツラの部分を金属ハンマーで叩き、凹凸を作ります。

又、柔らかい材質で、よりみられる製品は「革製品」への刻印です。この場合でも鉄製やスチール材質のスティックを使用しますが、木槌で打刻する場合も多いようです。革製品はレーザーで焼いて加工する機械をもって刻印パンチと呼称するものもあります。

ダイアル式刻印パンチは歯車の一周分に英数字等を配置して圧力をかけて輪を回すことで印影作ります。難点は輪状の為、便利ではありますが配列を変更するときは全て新調しなくてはならないことです。

大型パンチは船舶や車両部品を刻印するものですが、加圧によるプレス式の機械に通して表面に刻印していく方式が多く採用されています。

参考文献
https://jp.misumi-ec.com/vona2/maker/misumi/press/P0100000000/P0114000000/P0114100000/

刻印パンチのメーカー情報

刻印パンチのメーカーランキング

社員数の規模

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ニッシンテクノ
  2. 2 株式会社インデックス

歴史のある会社

  1. 1 株式会社インデックス
  2. 2 株式会社ニッシンテクノ

刻印パンチのメーカー2社一覧


関連記事

カテゴリから探す