【2021年版】浸透槽 メーカー16社一覧

浸透槽のメーカー16社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


浸透槽とは

浸透槽とは雨水を一時的に保持し、水害を防ぐための装置です。

ゲリラ豪雨の発生や都市の発展により、治水対策はより重要性が高まっています。治水の整備が不十分だと、利便性の低下だけではなく、衛生状態にも悪影響を与えることになります。
そのため国や自治体で、浸透槽の整備が進められています。

浸透槽には種類がありますが、地下に設置されるタイプが一般的です。そのため土地を有効利用することが可能になります。土地への建設制限も特にありません。 

浸透槽の使用用途

治水対策は重要であるため、全国各地のあらゆる施設で浸透槽は用いられています。中でも実施に力を入れているのが東京です。

東京は都市として下記の特徴をもつため、水害による影響が大きい地域となっています。

  • 人口が多い
    日本の中でも飛びぬけて人が多いです。人が多いところに加えて土地も狭いので、水害が起きた時に逃げる場所が少なくなり、被害が大きくなります。
  • 土地が低い
    東京は西部と東部に分けることができます。西部は台地になっていますが、東部は低地になっています。東部は街が発展している一方、海抜ゼロメートル地帯も多く、水害のリスクが高いです。そのため整備が進められています。 

浸透槽の原理

浸透槽は大きな槽に雨水を溜め込み、調節しながら徐々に水を放出していきます。槽の形状により種類が分けられます。

  • オープン式
    大きな空の槽を設置する方法です。完全に地下に埋めるのではなく、槽の一部が地上に現れている状態になっています。槽の材料にはコンクリートが用いられています。
    水の貯蔵量が目で見えるため、メンテナンスが容易です。昔はこのタイプが一般的でした。しかし下記のデメリットから、現在は地下式が普及するようになりました。
    1つ目のデメリットは、ごみ問題です。槽への不法投棄による悪臭問題が発生しました。不法投棄以外にも水質汚濁による悪臭発生も問題になりました。
    2つ目のデメリットは、安全性です。槽にこどもや動物が転落する危険性が指摘されています。
  • 地下式
    穴の開いたブロックを地下に設置する方法です。ブロック内の穴に一時的に水が溜め込まれます。槽の材料にはプラスチックが用いられています。
    完全に地下に埋めて使用するため、悪臭や転落の危険性を改善することが可能です。また土地も有効的に利用することができます。 

参考文献
https://sekisui-cw.co.jp/features/index.html
https://www.takiron-ci.co.jp/product/product_03/aquabrick/
https://www.hokukon.co.jp/catalog/data/ra/lineup.pdf
http://www.tokyo-sougou-chisui.jp/mokuteki/index04.html
https://www.gesui.metro.tokyo.lg.jp/topics/pdf/90064126e4624bd414b82f702c6ac17042129c07.pdf
https://www.ryuikiken.org/pub/rc/rc0201/rc0201_023.pdf
https://www.hokukon.co.jp/business/rain/ra05.html

浸透槽のメーカー情報

浸透槽のメーカー16社一覧


浸透槽のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 タキロンシーアイ株式会社
  2. 2 株式会社クボタケミックス
  3. 3 クリエイト株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社日東ジオテクノ
  2. 2 株式会社クボタケミックス
  3. 3 秩父ケミカル株式会社

歴史のある会社

  1. 1 タキロンシーアイ株式会社
  2. 2 クリエイト株式会社
  3. 3 日本コンクリート株式会社

関連記事

カテゴリから探す