カナフレックスコーポレーション株式会社

【2021年版】ヒューム管 メーカー17社一覧

ヒューム管のメーカー17社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ヒューム管とは

ヒューム管

ヒューム管とは聞きなじみのない言葉であるかもしれませんが、別名を聞くとほとんどの人が知っているものであると思います。別名は下水道管と言います。

ヒュームというのは発明した兄弟の名字が語源です。そしてヒューム兄弟が20世紀の初めにオーストラリアでヒューム管を発明し、のちに日本に伝わりました。

ヒューム管が発明されたのは、ヒューム兄弟が住む地で、灌漑時に汚物が管に詰まり、流れが悪化したことが根源にあると言われています。

ヒューム管の使用用途

ヒューム管は主に3つの事業で使われています。

1つ目は下水道事業です。現在我々の生活において、日常生活で発生する生活排水はこのヒューム管を流れ、下水処理場に集められます。このヒューム管がなければ、生活排水などが管に溜まり、町全体が不衛生になってしまいます。

2つ目は先ほども述べた灌漑事業です。日本も昔からオーストラリアと同じ農業大国であり、灌漑は農業を行うにあたり、必要不可欠なものです。この灌漑を行う際の水路にヒューム管が使われています。

3つ目は雨水対策事業です。大雨により水路が溢れ、洪水被害をもたらすことは日本でも少なくないことです。洪水被害を防ぐために雨水の調整を行う必要があります。この雨水調整のための雨水管、貯留管としても使われています。

ヒューム管の原理

ヒューム管はコンクリートを原材料とし、遠心力を利用して作られます。
そのコンクリートの種類は鉄筋コンクリートです。

元々、日本でもヒューム管の代わりとなる手詰め管と呼ばれる管が使われていましたが、ヒューム管に比べ、強度は劣っていました。そのため、連続回転式を用いるヒューム兄弟が発明した大量生産方式は画期的な発明だったのです。

ヒューム管の主な利点としては、高品質で高強度であること、他の管に比べて安価であること、原材料が国内で供給できることなどが挙げられます。

ヒューム管は水が漏れださないことが重要な役割であるため、高品質で高強度であることは大きな利点です。

また安価であるため、我々の町にも下水道管を必要十分な数配置することができるのです。

そして原材料が国内で供給できるため、輸入に依存しなくてよく、日本全国で供給体制を整えることができているのです。万が一の下水道管の破裂などのトラブル時にも早急に対応することができます。

参考文献
http://hume-pipe.jp/about_hume/
https://www.hume-pipe.org/about/
http://www.h-nac-hp.co.jp/?page_id=500

ヒューム管のメーカー情報

ヒューム管のメーカー17社一覧


ヒューム管のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日本ヒューム株式会社
  2. 2 日本高圧コンクリート株式会社
  3. 3 カナフレックスコーポレーション株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社東海ヒューム管
  2. 2 カナフレックスコーポレーション株式会社
  3. 3 北村コンクリート工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 中川ヒューム管工業株式会社
  2. 2 千葉窯業株式会社
  3. 3 旭コンクリート工業株式会社

関連記事

カテゴリから探す