株式会社マルイ
株式会社アルバック
日精株式会社
佐藤真空株式会社
ヤマト科学株式会社

【2021年版】真空乾燥機 メーカー14社一覧

真空乾燥機のメーカー14社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


真空乾燥機とは

真空乾燥機とは、密閉空間内を真空・減圧状態にした状態で、対象物を乾燥させる装置です。減圧状態にすることで、物体に含まれる水分が蒸発する温度が下がる原理を利用しています。通常の温風乾燥機より低い温度で乾燥できるため、短時間で乾燥可能、対象物の表面を傷めにくいなどの長所があります。

水分が蒸発する時、気化熱が発生し周りの温度が下がります。乾燥の効率を図るには、事前に予備乾燥を行うなどの工夫が必要です。

真空乾燥機の使用用途

真空乾燥機は、下記の用途で主に使用されます。

  • 水分を大量に含んでいる対象物を早く乾燥させる場合
  • 多孔質体のように、内部に水分が含まれやすい物質を乾燥させる場合
  • 表面を傷めずに乾燥させたい場合

また具体的な使用分野を紹介します。

  • 食品
    代表例はフリーズドライです。食品を凍結させた状態で真空乾燥することにより、風味や鮮度を元の状態で維持することが可能になります。
  • 成型加工
    樹脂は吸湿性があり、吸湿状態での加工は成形不良の原因になることがあります。そのため加工前に乾燥が必要になります。真空乾燥では低温で表面を焦がさずに乾燥できるため、使用されます。

真空乾燥機の原理

真空ポンプにより密閉空間内の気圧を下げることで、真空状態が生まれます。

真空ポンプの大分類として気体輸送式と気体ため込み式があります。気体輸送式は、空間内の気体を外部に排出する方法です。気体ため込み式は、空間内の気体をポンプ中にため込む方式です。

気体輸送式はさらに、容積移送式と運動量輸送式に分類されます。容積移送式は、周期的に一定体積の気体が排出口に運ばれます。運動量輸送式は、気体に運動量を与え、連続的に排出口に気体が輸送されます。

代表的なポンプは、容積移送式の油回転ポンプとドライポンプです。

  • 油回転ポンプ
    ポンプ内の摺動部分に潤滑油が入ることで、可動性やシール性に優れます。ポンプの中では最も効率がいい方式です。短所は潤滑油の定期的な交換が必要になり、取り扱いに手間がかかることです。
  • ドライポンプ
    ポンプ内に三つ葉型のローターが入っており、ローターの高速回転によって容器内の空気を排出します。潤滑油を使わないので、環境に配慮した排気が可能になります。

参考文献
https://www.yamato-net.co.jp/qa/detail/9/

真空乾燥機のメーカー情報

真空乾燥機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社アルバック
  2. 2 ヤマト科学株式会社
  3. 3 株式会社池田理化

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社F・E・C
  2. 2 株式会社協真エンジニアリング
  3. 3 和研薬株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ヤマト科学株式会社
  2. 2 株式会社清水理化学機器製作所
  3. 3 株式会社池田理化

真空乾燥機のメーカー14社一覧


関連記事

カテゴリから探す