超短パルスレーザー発振器 Mai Tai SP-Mai Tai SP
超短パルスレーザー発振器 Mai Tai SP-スペクトラ・フィジックス株式会社

超短パルスレーザー発振器 Mai Tai SP
スペクトラ・フィジックス株式会社



無料
見積もり費用は無料のため、お気軽にご利用ください

電話番号不要
不必要に電話がかかってくる心配はありません

この製品について

Spectra-Physicsは、高性能の超短パルス発振器とアクセサリーの広範囲の選択を提供し、時間分解分光法、生物学的イメージング、最先端の物理学、および産業用アプリケーションの飛躍的進歩を可能にします。Mai Tai SPは、超短パルスアンプ用の超短パルスシーダーの市場をリードするポートフォリオです。

■短パルス超高速発振器

・±10℃以上の動作環境でも優れた安定性 ・調整が不要なハンズフリー設計 ・10 μrad以下のビーム位置安定性 ・コンピューター制御によりバンド幅の調整が可能 (10-60nm)

■概要

Spectra-PhysicsのMai Tai SPチタンサファイアレーザー発振器は、業界をリードする安定性と最先端の機能を理科学研究コミュニティに提供しています。このMai Tai SPレーザーは、Spectra-Physicsの超短パルスアンプのシードレーザーとして特別に設計されました。帯域幅と中心波長を調整するための制御機能が組み込まれており、完全に自動化されているため、ユーザーが手動で操作する必要はありません。

■かつてないレベルのパフォーマンスを提供

このかつてないレベルのパフォーマンスにより、Spitfire® Aceアンプシステに提供されるシードソースは、調整が容易でかつ安定しています。その柔軟性により、同一のMai Tai SPレーザーを使用して、増幅器にさまざまなパルス幅構成 (35fs、100fs) でシードすることが可能であり、真のトランス・フォーム・リミットパルスを得る事ができます。

■StabiLokアクティブ・ビーム位置安定機構

Mai Tai SPは、優れた長期環境安定性を備えています。これは、超短パルスレーザーで業界最多設置実績を持つMaiTaiレーザープラットフォーム上に構築されています。 これらのレーザーは、StabiLokアクティブ・ビーム位置安定機構テクノロジー、EternAlignパーマネントオプティクスマウントテクノロジー、温度安定化ハウジング、アクティブパージテクノロジーを利用して、さまざまな環境条件下での長期安定性を確保します。 Mai Tai SPは、ダイオードの信頼性と寿命の分野で実績のあるリーダーであるProLiteダイオードを使用しており、40,000時間を連続出力を達成します。

  • シリーズ

    超短パルスレーザー発振器 Mai Tai SP

この製品を共有する


160人以上が見ています

最新の閲覧: 54分前


無料
見積もり費用は無料のため、お気軽にご利用ください

電話番号不要
不必要に電話がかかってくる心配はありません

超短パルスレーザー発振器 Mai Tai SP 品番1件

商品画像 品番 価格 (税抜) 指定された最小帯域幅 60nmの帯域幅で 帯域幅 チューニング範囲 繰り返し率 (公称) ノイズ 安定性 空間モード ビーム直径 (1/e^2) ビーム発散、全角 分極
超短パルスレーザー発振器 Mai Tai SP-品番-Mai Tai SP

Mai Tai SP

要見積もり >750mW >450mW 10~60nm 780-820nm 84MHz <0.05% <0.5% TEM00 1.5mm <1mrad 水平

のついている項目名や値は、Metoreeの自然言語処理アルゴリズムを用いて自動生成された値です。各メーカーの製品を横断して比較しやすくするための参考としてご利用ください。自動生成データは黒色の文字、元データは灰色の文字です。

この商品を見た方はこんな商品もチェックしています


レーザー発振器の製品をもっと見る

スペクトラ・フィジックス株式会社のその他の取り扱い製品


スペクトラ・フィジックスの製品をもっと見る

この商品の取り扱い会社情報

会社概要

Spectra-Physicsは、MKS Instruments Photonics Solutions部門の1ブランドです。レーザーが初めて発振した翌年1961年カリフォルニアのシリコンバレーに誕生しました。以来世界最...

もっと見る

  • 本社所在地: 東京都
Copyright © 2024 Metoree