株式会社シロ産業

【2021年版】テフロンコーティング メーカー14社一覧

テフロンコーティングのメーカー14社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


テフロンコーティングとは

テフロンコーティングとは、材料の表面処理の一種であり、フッ素樹脂の特性である非粘着性や耐熱性、電気的特性などの物性を材料表面に施すものです。

テフロンは1930年代に、米国デュポン社によって発見されたもので、商標名として名づけられました。テフロンもフッ素樹脂の一つであり、テフロンコーティングはフッ素樹脂コーティングの加工法の一つということになります。

フッ素原子は樹脂に含まれる炭素-炭素結合と安定的に結合するため、熱によって脱離しにくく極めて安定である特徴があります。

テフロンコーティングの使用用途

テフロンコーティングは、他の材料にはない化学特性や電気特性、熱的特性を有するため、身近な家庭製品から航空宇宙機器に至るまで広く利用されています。

例えば、テフロンの耐熱性、低摩擦性を利用して、自動車における変速機のシール材やブレーキパッド、ベアリングなどに用いられています。エンジンが高温に達しても、テフロンとしての機能を失わずに安全に使用できます。

あるいは電気的絶縁性に優れているため、パソコンやロボット、航空機の電気系統において用いられる電線の被覆にも良く使われます。

テフロンコーティングの原理

テフロンは、フッ素元素と炭素鎖からなる熱可塑性(熱によって軟化し、成形できる性質)ポリマーです。その特異な化学特性や電気特性、熱的特性は、テフロン自体が持つ分子構造によるものです。

フッ素はテフロン中に含まれる炭素鎖と安定的に結合しています。

そのため、ある温度までは加熱しても脱離することがなく、テフロンとしての性質がほとんど失われません。ただ、テフロンの融点は327℃であり、これ以上の温度ではゲル状となるため、機械的性質は急激に低下します。

加えて、酸やアルカリ、有機溶媒に対しても安定性が極めて高く、腐食したり、膨潤したりすることがほとんどありません。オゾンガスに対しても強い耐性を示します。
また分子の構造の対称性から、テフロンは電気的な極性を有しません(無極性)。

そのため、誘電率や力率といったパラメータは、温度や周波数によらず一定であり、絶縁抵抗も極めて高い数値を示します。数10kVという高電圧の下であっても、絶縁性を失わずに性能を発揮します。

参考文献
https://www.yumoto.jp/technology/onepoint/teflon-coating
https://www.daitohchemical.jp/product17.html
https://www.meikou.jp/fluororesin-2.html
https://www.fluorocoat.co.jp/more-fcc/

テフロンコーティングのメーカー情報

テフロンコーティングのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社フロロコート
  2. 2 日本フッソ工業株式会社
  3. 3 株式会社仲田コーティング

設立年の新しい会社

  1. 1 日本フッソテクノコート株式会社
  2. 2 タイメットコート株式会社
  3. 3 株式会社大東化成

歴史のある会社

  1. 1 株式会社山由製作所
  2. 2 株式会社吉田SKT
  3. 3 日本フッソ工業株式会社

テフロンコーティングのメーカー14社一覧


関連記事

カテゴリから探す