産業用製品比較のメトリー
メトリー
菊水電子工業株式会社
株式会社高砂製作所
株式会社計測技術研究所
株式会社東陽テクニカ
株式会社テクシオ・テクノロジー
株式会社エヌエフ回路設計ブロック
株式会社YAMABISHI
松定プレシジョン株式会社
山菱電機株式会社
北斗電工株式会社
クロマジャパン株式会社
キーサイト・テクノロジー

【2020年版】電子負荷3選 / メーカー13社一覧

電子負荷のメーカー13社・71製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


電子負荷とは

電子負荷は回路に擬似的な抵抗を与えることができる負荷装置です。

従来は抵抗器を組み込むことで負荷を与えるということを行ってきましたが、これでは大きな負荷をかけるには巨大な抵抗器が必要になり、また自由に抵抗値を変えるには抵抗の異なる別の抵抗器を組み込み直さなければなりませんでした。

電子負荷は任意に抵抗値を変えることができる他、人の手では行えないような急激な切り替えも行うことができます。また抵抗負荷装置とも呼ばれます。

電子負荷の使用用途

電子負荷は電池や電源の性能検査に用いられます。

電源の負荷性能試験や電池の充電・放電試験のほか、最近では燃料自動車に搭載される燃料電池を直列につないだ際のスタック性能評価などに用いられています。

また、可変抵抗器を用いて負荷電流を制御する場合とは異なり、摺動部を人の手で動かす必要がありません.コンピューターを用いた制御が可能なため、負荷電流を自由自在にコントロールしながら自動的に試験を行うことが出来ます。

電子負荷の原理

電子負荷を用いて任意の抵抗値を設定するには、従来のように抵抗器を使用するのではなく、半導体素子を用いることで達成されます。

これらの半導体素子は入力された電力を別のエネルギーとして消費・または変換することで擬似的な抵抗を発生させます。電力の消費・変換の方式は次の二つに大別されます。

熱変換式電子負荷

入力された電力は、半導体素子により熱へと変換されます。これにより電圧降下が生じるので、抵抗器を通したのと同じ効果が得られます。ただし発熱を伴うため排熱の仕組みを必要とします。

電力回生式電子負荷

入力された電力をインバーターにより交流電流へと変換します。変換された電流は配電線網に再び戻されるので消費電力も小さく、排熱の心配も必要ありません。しかし回生方式は回路が煩雑になるため装置の製造コストが上昇してしまう傾向があります。装置は高額になりがちですが、電力の再利用が可能なのでランニングコストは安く上がります。

 

参考文献

https://www.keisoku.co.jp/pw/support/oyakudachi/dc-load/dcl-08/

https://www.kikusui.co.jp/faq/topic.php?id=WfWYip9VfIEC

電子負荷のメーカー情報

電子負荷のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 キーサイト・テクノロジー
  2. 2 株式会社東陽テクニカ
  3. 3 株式会社エヌエフ回路設計ブロック

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社テクシオ・テクノロジー
  2. 2 クロマジャパン株式会社
  3. 3 松定プレシジョン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 キーサイト・テクノロジー
  2. 2 山菱電機株式会社
  3. 3 キーサイト・テクノロジー

電子負荷のメーカー13社一覧


電子負荷3選

ユニットタイプ多機能 直流電子負荷装置 PLZ-Uシリーズ

菊水電子工業株式会社 ユニットタイプ多機能 直流電子負荷装置
PLZ-Uシリーズ 画像出典: 菊水電子工業株式会社公式サイト

特徴

PLZ-Uシリーズは最大5台まで並列運転可能なユニットタイプの多機能直流電子負荷装置です。

可変スルーレートで最大2.4 A/usの高速応答を実現し過渡応答試験などで高速に電流変化を行うことができます。

3レンジを内蔵し、大きなダイナミックレンジと高い精度を実現しており、最小10 uAの分解能を実現しています。

燃料電池の単セル試験で不可欠な入力動作電圧0 Vのラインナップもあり、低電圧化された半導体デバイスの電源評価に利用することもできます。

菊水電子工業株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央6-1 サウスウッド4F
  • URL: https://www.kikusui.co.jp/top.php
  • 創業: 1951年
  • 従業員数: 319人

製品を見る

EGSシリーズ

松定プレシジョン株式会社 EGSシリーズ 画像出典: 松定プレシジョン株式会社公式サイト

特徴

EGSシリーズは横幅35 mmの超薄型設計で省スペース軽量化を実現した直流電子負荷です。

従来の電子孵化装置の比べて約半分の薄さなので、市販の19インチラックに10台搭載することが可能です。

定電流・定抵抗・定電圧・定電流+定電圧の4つのモードを搭載し、最大16大の一括コントロールで多チャンネルの直流電子負荷としての仕様も可能です。

小型バッテリや小型電源回路の評価試験に加え、卓上や車載試験などスペースに制限がある場合に最適です。

松定プレシジョン株式会社の会社概要

製品を見る

HJ1001SD8C

北斗電工株式会社 HJ1001SD8C 画像出典: 北斗電工株式会社公式サイト

特徴

HJ1001SD8Cは交流電源と電子不可を組み合わせた、一台のPCに接続するだけで最大128chの測定が可能な電池充放電装置です。

既存モデルより60%の小型化と50%の軽量化を実現しつつ、従来の19インチラックに搭載できるので自由度の高い設置が可能です。

専用の高機能測定ソフトを利用して10 msの間隔で高精度にデータの取得が可能です。

二次電池の基礎研究から開発、寿命試験、評価試験など幅広い測定に対応しています。

北斗電工株式会社の会社概要

製品を見る

電子負荷の71製品一覧

電子負荷のオンライン購入


amazonでチェック

電子負荷の中古品


横河レンタ・リースでチェック

カテゴリから探す


センサー


試験機


モーター


ポンプ


リレー


検査装置


アナライザ


ダイオード


測定機器


観察機器


プリンター


コンデンサ


スイッチ


ロボット


カメラ


コネクタ


メーター・計測機器


ジェネレータ・発生器