【2021年版】サニタリー管 メーカー18社一覧

サニタリー管のメーカー18社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


サニタリー管とは

サニタリー管は主に食品工業や製薬工場で使われる配管となります。

サニタリー管はそのすべての材質がSUS304やSUS316などのステンレス鋼で作られています。SUS304やSUS316で作成された配管はほかにもありますが、サニタリー管と普通の配管の違いは表面処理の違いとなります。

基本的にサニタリー管は外面はバフ仕上げ、内面は最低でもBAと呼ばれる光輝焼鈍仕上げがなされており、さらに高級な配管ではEPと呼ばれる電解研磨仕上げがされていて、液だまりが極端に少なくなっています。

サニタリー管の使用用途

サニタリー管は食品業界や製薬業界のように、製品に一切の異物混入やバクテリアなどのコンタミが許されない業界で幅広く使用されています。

食品業界では少しの液だまりなどによりバクテリアが発生し、製品に大きな影響を及ぼします。最悪、消費者まで出回ってしまうと大きな社会問題となります。

製薬業界でも同様に直接体内に作用するものなので、もし異物混入やバクテリアなどによる汚染があると大きな問題となります。

このような製品に清浄性が求められる業界でサニタリー管は多く使用されています。

サニタリー管の原理

サニタリー管はほぼすべてがSUS304やSUS316で作成されています。これらの配管はSUSなので錆が発生せず、さらにCIPと呼ばれるプロセスで使用される温水や苛性ソーダなどの薬品に対する耐性も持ち合わせているので常に清浄性を保つことができます。

また、BAと呼ばれる光輝焼鈍仕上げやEPと呼ばれる電解研磨仕上げになされていることにより、バクテリアの発生源となる微細な液だまりも排除することにより、製品の安全性を大きく保つことができます。

普通のSUS配管ではこのような処理がなされておらず、細かい傷がついたままになっている状態ですので、食品業界や製薬業界向けではありません。このように記載するとすべての配管をサニタリー管で製作すれば非常に高品質な配管を制作できそうですが、普通の配管と比べるとサニタリー管は非常に高価です。

また、継ぎ手なども専用の継ぎ手を使用しないとサニタリー管の効果を100%発揮することができません。

そのため、使用するにはサニタリー管専用の設計知識と施工知識が必要となります。

参考文献
https://www.osaka-sanitary.co.jp/product/tbs-tps.html

サニタリー管のメーカー情報

サニタリー管のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 トーステ株式会社
  2. 2 日東金属工業株式会社
  3. 3 協和ステンレス株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ワイズエンジニアリング株式会社
  2. 2 トーステ株式会社
  3. 3 株式会社コンサス

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ナガセ
  2. 2 フローバル株式会社
  3. 3 丸福産業株式会社

サニタリー管のメーカー18社一覧


関連記事

カテゴリから探す