桜シール株式会社
株式会社バルカー
光洋化学株式会社
ニチアス株式会社

【2021年版】ヘルールガスケット メーカー9社一覧

ヘルールガスケットのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ヘルールガスケットとは

ヘルールガスケットはヘルール配管同士を接続する際に使用するガスケットです。配管やバルブの接続には継手が使われています。継手の接続方法にはねじ込み・フランジ、ヘルールなどが使われています。

継手の中でも、より衛生的な環境で使用がなされているのがヘルールです。特にねじ込みやフランジに比べて分解が行いやすいことが特徴です。分解して洗浄を行う場面で良く用いられています。使用するガスケットは専用のものが用意されています。 

ヘルールガスケットの使用用途

ヘルールはサニタリー配管やサニタリー継手とも呼ばれています。サニタリーとは衛生的という意味で使われます。工具が不要で組み付けや分解が行えるため、洗浄等を行うために取り外しが多い部分で用いられます。

ヘルールの配管内部は凹凸がないことが特徴で、洗浄に優れています。また液だまりが少ないことから、異物混入や菌発生のリスクを減らすことができます。これら特徴から医薬品・化粧品・食品関連の分野で用いられています。

ヘルールガスケットの原理

ヘルールはヘルール配管とガスケット、クランプバンドの3点で構成されています。ヘルール配管のフランジ部分には溝が刻まれています。一方使用するガスケットは通常の平たい構造ではなく、ヘルール配管の溝に合うような十字のでっぱりが付いています。ヘルール配管同士を接続する場合、間に専用ガスケットを接続することでしっかりシールされます。接続したフランジ同士をクランプバンドで止めることで固定させます。締め付けは手で行うことができるため、工具が必要ありません。

ガスケットは使用する流体により変更することができます。一般的なのは白色のシリコンガスケットです。その他にもPTFE、フッ素ゴム、EPDM、NBR、サニクリーンなど様々な種類が開発されています。

ヘルールガスケットにはA型とB型が存在します。A型は断面がL型となっており、ガスケットの周辺が盛り上がった形をしています。一方B型は断面が平面となっています。A型の方がヘルールのフランジ部分に乗せた時にずれが少ないです。 

参考文献
https://www.nitto-kinzoku.jp/archives/technic/sanitary_ferrule/
http://energy-kanrishi.com/ferrule/
https://kinokikou.jp/info/knowledge/gasket-a-b/

ヘルールガスケットのメーカー情報

ヘルールガスケットのメーカー9社一覧


ヘルールガスケットのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ニチアス株式会社
  2. 2 株式会社バルカー
  3. 3 イシグロ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 トーステ株式会社
  2. 2 株式会社コンサス
  3. 3 桜シール株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ニチアス株式会社
  2. 2 株式会社バルカー
  3. 3 イシグロ株式会社

関連記事

カテゴリから探す