河村電器産業株式会社
エレコム株式会社

【2021年版】ネットワークラック メーカー4社一覧

ネットワークラックのメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ネットワークラックとは

ネットワークラックと同じような形をしたラックにサーバーラックがあります。

サーバーラックとはその名の通りラック内にサーバーを収納するものです。米国電子工業会(EIA)により大きさが決められています。横幅が19インチ(=482.6mm)で1U=1.75インチ(=44.45mm)単位で 高さが決められています。従って、10Uの高さのラックの場合、高さが17.5インチ(=444.5mm)ということになります。しかし、奥行きのサイズの規定がないために収納するサーバーによって、ラックを選定する必要があります。

他方、ネットワークラックもサーバーラックと同様の形状ですが、収納するものが、ルーターやスイッチングハブなどのネットワーク関連機器という違いがあります。

ネットワークラックの使用用途

ネットワークラックは、サーバーラックに収納するサーバーと同様に収納するものがルーターやネットワークスイッチ等、ネットワークを構築するために必要なものであることから基本的にデータセンター内に設置されます。もしくは、企業内の専用ルームです。

温度や湿度が管理され、防塵性も考慮された環境下に設置されます。

このような管理された環境下で稼働させることによりサーバーラックの場合は、サーバーの安定動作を、ネットワークラックの場合は、ルーターやネットワークスイッチ等の安定動作を実現させています。

ネットワークラックの原理

以上の通りネットワークラックはネットワーク機器を収納するためのラックであり、物理的な形状、設置する場所、利用目的を踏まえ、サーバーラックと同様に何点か配慮すべき点があります。

1点目は設置スペースです。ネットワークラックを設置した後にメンテナンス等の作業を行う可能性が十分に考えられますので、このことを考慮し、周辺のスペースの確保が必要です。

2点目がネットワークラックの大きさです。ネットワークラックは、大量のケーブル類を接続する機器を収納するため、ケーブル類が収まるスペースを考慮した上でラックのサイズを決める必要があります。

3点目は熱対策です。
ネットワーク機器は、多くの半導体を使用した回路構成となっており、半導体はCPUを中心として多くの熱を発生させます。周囲温度が上昇すると機器が暴走する可能性があります。従って、FANを活用し、十分な放熱経路を確保した設置が必要です。

4点目は堅牢性です。
ネットワークにて管理される各種データは非常に重要なものであるため、耐荷重に優れ、耐震性にも優れている必要があります。大きな地震が発生しても、稼働を継続できる堅牢性が高く求められます。

最後は拡張性です。
将来、機能拡張のために機器を追加する必要が出てきた場合に収納の可能性を考慮しておく必要があります。

以上の通り、使用する目的や、今後の計画を踏まえ最適なネットワークラックの選定が必要です。

参考文献

https://blog.rittal.jp/888/

https://direct.sanwa.co.jp/contents/sp/rac/server_select.html

ネットワークラックのメーカー情報

ネットワークラックのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 河村電器産業株式会社
  2. 2 エレコム株式会社
  3. 3 石渡電気株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 エレコム株式会社
  2. 2 ヤマト通信工業株式会社
  3. 3 河村電器産業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 石渡電気株式会社
  2. 2 河村電器産業株式会社
  3. 3 ヤマト通信工業株式会社

ネットワークラックのメーカー4社一覧


関連記事

カテゴリから探す