【2021年版】LINUXサーバ メーカー3社一覧

LINUXサーバのメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


Linuxサーバとは

Linux OSは、フィンランドの大学生リーナス・トーバルズが1991年に新たなOSを開発するプロジェクトにおいて作られたのが始まりです。

このLinux OSを利用したサーバがLinuxサーバです。Linuxはその始まりの思想からオープンソースの形態であったため、有料のWindowsOSを利用する場合に比較して投資を低くできるメリットがあります。

Linux OSを対象としたウィルスソフトウェアがあまり存在しないことからセキュリティ的にも比較的有利であると考えられています。

また、OS自体がWindowsと比べてそれほど重くないため、高いCPUパワーが必要ないことから少し前の世代のPCでも比較的、快適に動作してくれるということもうれしい点です。

他方Linux OSはオープンソースであることから、世界中の開発者が手を加え、進化のスピードが早いため最新の情報を入手することが難しいという側面もあります。

更にLinux OSでは操作においてはCUI(Character-based User Interface)が必須となることが運用のハードルを上げている要因ともなっています。

Linuxサーバの使用用途

前述の通り、Linux OSはWindows OSとは異なり、オープンソースであることが大きな特徴です。このオープンソースであることによりWindowsとは全く異なる進化を続けています。

オープンソースとは、プログラムが公開されているため、誰でもこれを閲覧することができ、改良して自システム用にカスタマイズすることができます。その結果、世界中の開発者がLinuxの改良を行い続け、今でも日々進化を続けています。

これにより、いろんな種類のLinux OSが存在します。ディストリビューションと言いますが、よく知られるのがCentOSやubunto、RedHatLinuxですが、その他にFedoraCore、BineLinuxなどいろんな種類のLinux OSが知られています。

このようなLinux OSを用いて構築されるサーバが提供するサービスとして一般的にWEBサーバやファイルサーバ、メールサーバなどが挙げられます。夫々のサービスについては、以下で補足説明します。

Linuxサーバの原理

サーバとは、ネットワークを経由してクライアント(顧客)コンピュータに対して、いろんなサービスを提供するコンピュータのことを言います。

サーバでは、サービスを提供するソフトウェアが動いており、ネットワークを介してクライアントからサービス提供の要求があると、その要求に応じてこれを処理してクライアントにレスポンスします。

サーバには専用のPCが割り当てられることもありますが、1台のPCの中で、クライアントのソフトウェアとサーバのソフトウェアを同居させることもできます。この場合、その時々により、サーバとして機能させたり、クライアントとして動作させることが可能です。

サーバの提供するサービスには、複数の種類のサービスが存在します。これら複数種類のサービスを1台のサーバ上で提供することが可能です。

Linuxサーバでは、いろいろなサービスを提供するサーバとして利用することができます。以下に、代表的なサーバを簡単に紹介します。

WebサーバはWeBページを内部に保有し、クライアントから要求があった場合に所定のページやデータをクライアントに送出するサービスです。クライアント側はWEBブラウザを介してサーバとのデータのやり取りを行います。

FTPサーバはネットワークを介して、クライアントからの要求に応じてデータをアップロードしたりダウンロードしたりするサービスです。FTPはFile Transfer Protocolの略です。

データベースサーバはデータベースを管理し、他のサーバアプリケーションからのからの要求に応じて内部に保有するデータにアクセスし、検索したり、データを格納したり取り出したりし、これを管理するサービスです。

メールサーバはPCやタブレット、スマホなどから送信されたメールを受信して、指定されたメールサーバ宛届けます。他方、このメールを受信したメールサーバは、届けられたメールが格納されているメールボックスから取り出してこれを受信します。

その他のサーバサービスに、ファイルサーバ、プリンタサーバ、DNSサーバ、SSHサーバ、プロキシサーバ等があります。

Linuxサーバのバックアップ

特に商業利用などデータ紛失リスクが高いLinuxサーバについては、定期的にバックアップの取得が必要です。Linuxサーバのバックアップには2種類の方法があります。

一つ目は、システムバックアップです。システムバックアップとはOSを含めてシステムのすべてをバックアップすることです。ハードウェア故障が発生した際も、バックアップイメージを新しいハードウェアにインストールすることで、手軽に復旧できることがメリットです。これにより、障害発生時の障害復旧時間(MTTR)を短縮することができます。

もう一つは、データバックアップです。これは、OSやアプリケーションのバックアップではなく、データのみをバックアップする方法です。障害発生時のリストアのためには、OSやソフトウェア、ミドルウェアを個別にインストールの上、バックアップイメージよりデータを戻す必要があります。その代わり、バックアップの取得自体にかかる時間は短く済みます。

一般的には、1か月など一定の間隔でシステムバックアップを取得し、日々はデータバックアップを取得するという手法を取ることが多いです。これにより、バックアップ自体にかかるコストを削減しつつ、障害発生時のMTTRを短縮することができます。

Linuxサーバの価格

Linux OSはオープンソースと呼ばれる形式で提供されており、基本的に料金は無料で利用できます。ただし、商用利用のケースなどでサポートを求める場合には、有償でサポートを行っている商用Linux OSを選ぶことになります。

もっとも有名なのは、Red Hat Enterprise Linux OSです。Red Hat Enterprise Linux OSは利用のために費用が発生する代わりに、セキュリティ面の考慮がされていたり、サポートを受けることができます。

その他、Oracle Enterprise LinuxやSUSE LINUX Enterprise Serverなども商用Linuxとして有名な製品です。 

参考文献
https://www.kenschool.jp/dictionary/network/linux_server.php
https://eng-entrance.com/linux_seven_features
https://www.kagoya.jp/howto/rentalserver/basic-06/
https://thinkit.co.jp/article/980/1

LINUXサーバのメーカー情報

LINUXサーバのメーカー3社一覧


LINUXサーバのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ジャパンメディアシステム株式会社
  2. 2 株式会社ノモス・サイエンス
  3. 3 株式会社デバイスドライバーズ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社デバイスドライバーズ
  2. 2 ジャパンメディアシステム株式会社
  3. 3 株式会社ノモス・サイエンス

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ノモス・サイエンス
  2. 2 ジャパンメディアシステム株式会社
  3. 3 株式会社デバイスドライバーズ

関連記事

カテゴリから探す