【2021年版】超低温冷凍庫 メーカー9社一覧

超低温冷凍庫のメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


超低温冷凍庫とは

超低温での保管に対応した冷凍庫。-20℃での保管と比較しより長期の安定的な保管が可能。超低温の温度定義はメーカーでさまざまだが業務用途で-50~60℃以下が一般的。研究用途では-80℃フリーザーが該当。研究室などで使用される超低温冷凍庫は通常の家庭用冷凍庫と異なりチェスト型と呼ばれる深型で上面から出し入れする。その形状からディープフリーザーとも呼ばれる。
マグロなどの鮮魚の冷凍保管、細胞や試薬、検体の保管などに使用。

超低温冷凍庫の使用用途

研究用途(細胞、検体、試薬類の保管)、鮮魚の長期保管(マグロ、カツオなど)、ドライアイスの保管などよりシビアな条件での鮮度保管が必要なものの冷凍保管に使用される。

研究室レベルでは一般的な試薬類の短期保管には冷蔵ないし-20℃保管、長期保管には-80℃保管を使用する。その他ある種のワクチンや薬品(原料)なども保管期限を延ばすために使用開始までは-80℃で保管する。細胞凍結などのプログラム凍結の際も必須。

超低温冷凍庫の原理

超低温とは-45℃以下での保冷が可能なものとして定義される。研究用途では-80℃が一般的。二種類の冷媒の熱交換を使用する二元式冷却装置が主体だが、最近はノンフロン(自然冷媒)を使用するタイプも販売されている。構造的には本体断熱厚保を大きく取り、ふた部分にパッキンを有するなどして外気からの影響を遮断する。製品の性質上停電時に備え、通常バックアップ電源と組み合わせて使用し、温度管理(警報)機能や停電警報機能などを標準で装備する。

なお冷媒としてはオゾン層破壊の原因としてそれまで優秀な冷媒として使用されてきた特定フロン(クロロフルオロカーボン)は使用が禁止されたため、現在の冷媒種としては主としてR22やR404Aなどのハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC、いわゆる代替フロン)などが使用されている。一方自然冷媒はもともと地球上に存在するものを冷媒として使用することでアンモニア、二酸化炭素、水などを冷媒として使用する。

参考文献
https://01.connect.nissha.com/blog-gassensor-refrigerants02/
https://www.galilei.co.jp/wp/wp-content/themes/mod/asset/pdf/digital_catalog/FMS_Japanese.pdf
https://www.nissin-ref.co.jp/product_blog/1-2.html

超低温冷凍庫のメーカー情報

超低温冷凍庫のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 PHCホールディングス株式会社
  2. 2 フクシマガリレイ株式会社
  3. 3 和研薬株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 PHCホールディングス株式会社
  2. 2 株式会社ジェーシーエム
  3. 3 株式会社サーモマジック

歴史のある会社

  1. 1 富士フイルム和光純薬株式会社
  2. 2 フクシマガリレイ株式会社
  3. 3 和研薬株式会社

超低温冷凍庫のメーカー9社一覧


関連記事

カテゴリから探す