【2021年版】急速冷凍庫 メーカー8社一覧

急速冷凍庫のメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


急速冷凍庫とは

急速冷凍とは、マイナス30度を下回る冷気を強力に吹き付けることで、氷結晶が作り出される温度以下まで短時間で下げ、30分以内に凍結させることで、食品を「マイナス18度以下まで冷却して保管する」というもので、急速冷凍庫とは、この方法で食材を急速に凍結させることができる冷凍庫のことです。

食品の中でも、組織構造のしっかりとした生肉や魚介類などの冷凍に向いており、素材の品質を損ねることなく保存することが出来ますが、一方で、凍結の際に大きな氷結晶ができてしまう水分量の多い食材に対しては、味や食感を損ねるため不向きです。

一般的な方法による、時間をかけてゆっくりと凍らせていく冷凍では食品の品質を劣化させてしまうという面がありますが、急速冷凍は、品質を損ねる可能性を最大限に小さくすることができるという点で区別されています。

急速冷凍庫の使用用途

ここで、急速冷凍庫の使用用途について説明します。

食材の保管の為に、冷凍技術が取り入れられていますが、急速冷凍庫は、品質を損ねることなく食材を保管することができるため、食品に関わる産業や調理の多くの現場で使用されています。

素材の鮮度や品質を損ねることなく保管することや、状態を均一に保ち、品質を維持することや、着色料や防腐剤などの添加物などを用いることなく保管することを目的として用いられています。

急速冷凍庫の原理

続いて、急速冷凍庫の原理について説明します。

一般的な方法である緩慢冷凍は、氷結晶が作られる温度帯を通過するのにかかる時間が長いため、氷結晶の大きさが大きくなることで、食品の組織を破壊して、細胞劣化による品質の低下が起きてしまいますが、急速冷凍庫の場合、この氷結晶が作られる温度帯を通過するまでの時間ができるだけ短くなるように急速に冷凍することで、大きな氷結晶の生成を防ぎ、食品の組織構造を破壊せず、鮮度や味を損ねない高品質な状態を維持することが出来ます。

マイナス30度以下の強い冷風を利用して、食材に直接吹きかけることで、一気に氷結晶生成温度以下まで下げて、大きな氷結晶の生成を防いでいます。

参考文献
https://www.galilei.co.jp/fukulabo/large-scale-cooking/%e6%80%a5%e9%80%9f%e5%87%8d%e7%b5%90%e3%81%a8%e3%81%af%e3%80%82%e5%ae%9a%e7%be%a9%e3%82%84%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%80%81%e3%81%9d%e3%81%ae%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%82%92%e7%b4%b9%e4%bb%8b/
https://www.hoshizaki.co.jp/p/blast/ability02.html
https://e-roots.co.jp/product/gram/typesf/

 

急速冷凍庫のメーカー情報

急速冷凍庫のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 フクシマガリレイ株式会社
  2. 2 株式会社菱豊フリーズシステムズ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社菱豊フリーズシステムズ
  2. 2 株式会社エンジェルジャポン
  3. 3 コマジャパン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 フクシマガリレイ株式会社
  2. 2 板倉冷機工業株式会社
  3. 3 米田工機株式会社

急速冷凍庫のメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す