株式会社日立製作所

【2021年版】ターボ冷凍機 メーカー10社一覧

ターボ冷凍機のメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ターボ冷凍機とは

ターボ冷凍機は遠心式冷凍機の一種で、内蔵された冷媒の相転移サイクルによってブライン(熱サイクルと熱交換を仲介する媒体、不凍液やアルコール、塩化物水溶液など)を冷却する
システムです。冷却されたブラインはセントラル空調などで冷房エリアへ供給されます。 ターボ冷凍機はフロン冷媒を用いない為環境負荷が低く、圧縮機を用いない為、電気設備容量を
低く抑える事が出来ます。一方、急激な負荷増加への追従が遅いといったデメリットもあります。

ターボ冷凍機の使用用途

主に大型ビルや商業施設、生産工場などのセントラル空調を行う為の熱源装置として古くから用いられています。空調の様に循環するブラインを冷却する為以外にも、生産工程で大量の
冷水を必要とする紡績業や化学プラントのプロセス冷却、恒温恒湿環境を維持する必要がある半導体製造工場、広範囲な地域レベルで集中管理する地域冷暖房でも需要があり、近年では
低環境負荷、省エネルギー性能が高い事から幅広く需要が増加しています。

ターボ冷凍機の原理

ターボ冷凍機は他の冷凍機と同様に蒸発→圧縮→凝縮→膨張というサイクルでブラインを冷却します。その圧縮工程で羽根車を回転させる事で冷媒を遠心圧縮するターボコンプレッサを
用いている事からターボ式と呼称されています。 冷凍能力が高く、設備が大型化する為、大規模な冷却用途に用いられます。 冷却工程の概要は次の通りです。

  • 蒸発工程
    蒸発器内で冷媒が低温低圧の液体から低温低圧の気体へと相変化します。この際に気化熱が奪われる事でブラインが冷却されます。冷却されたブラインは空調機へ循環されます。
  • 圧縮工程
    蒸発工程で気化した冷媒がターボコンプレッサーで圧縮され、高温高圧の気体となります。
  • 凝集工程
    凝集器内で高温高圧の冷媒が、冷却塔で冷却された冷却水によって冷やされ、中温高圧の液体へと相変化します。冷却水に奪われた熱は冷却塔で大気中へ放出されます。
  • 膨張工程
    中温高圧の冷媒は膨張弁を通る事で減圧され、低温低圧の液体になります。 この後、蒸発工程へ戻り、サイクルが繰り返されます。

ターボ冷凍機のメーカー情報

ターボ冷凍機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社日立製作所
  2. 2 三菱重工業株式会社
  3. 3 東京電力ホールディングス株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 三菱重工サーマルシステムズ株式会社
  2. 2 荏原冷熱システム株式会社
  3. 3 トレイン・ジャパン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 三菱重工業株式会社
  2. 2 株式会社日立製作所
  3. 3 ダイキン工業株式会社

ターボ冷凍機のメーカー10社一覧


関連記事

カテゴリから探す