株式会社アクティオ

【2021年版】ウォールスキャナ メーカー3社一覧

ウォールスキャナのメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ウォールスキャナとは

ウォールスキャナーとは、壁の内部を探知して中に何かモノが埋まってないかを検知することのできる機械のことを言います。
現在、さまざまな種類のウォールスキャナーが販売されておりその性能や値段までたくさんのものがあります。
金額としましては、約数千円から数十万円とピンキリの値段で販売されています。
価格が高くなるほど、スキャンできる壁の材質の種類や、スキャンの深さ、測定可能な構造物が多くなっています。

ウォールスキャナの使用用途

以下にプロが使用するものから、家庭で使用されるもので主に使用されている機器の特徴を紹介します。

  • 製品名:WD181DZK マキタ
     こちらのウォールスキャナの特徴は、スキャンの深さです。最大180㎜の深さまでスキャンが可能になっています。
    主に、プロの方が使用する機械です。
    バッテリーもフル充電で28時間はもつので、作業途中で充電が切れてしまうという心配もありません。
    測定可能な材質は、コンクリート、濡れたコンクリート、石膏、木材があります。
    壁内部の測定物は、金属、電線、樹脂が発見可能となっています。
    価格は、178,000円となります。
  • 製品名:D-TECT150CNT ボッシュ
     この機種は、最大150mmの深さまでスキャンが可能となっています。
    マキタの製品と比較しますと、スキャンの深さは劣りますが、その分測定可能な材質が多くなっています。
    測定可能な材質は、コンクリート、強化コンクリート、レンガ、ブロック、ALC、木材・石膏などがあります。
    壁内部の測定物は、金属、電線各種、プラスチック、木材、壁内部の空洞となります。
    価格は、150,000円です。
  • 製品名:HGセンタービジョン 78578 シンワ
     こちらの機種は、家庭用のウォールスキャナとしてとても優秀です。
    特徴としましては、小型の機械となっており誰でも簡単に操作することが可能となっています。
    測定可能な材質は、ベニヤ板や石膏となっています。
    壁内部の測定物は、金属、プラスチック、電線が測定可能となります。
    スキャンの深さですが、約25mmとなっており家庭用DIYなどで使うのに適していると言えます。

ウォールスキャナの原理

壁に穴を開けたりしたいときに、壁内部は目視で確認することが出来ません。
内部を確認せず、壁の加工をしてしまった際に中に電線などが入っている場合なども考えられます。
電線やパイプなどがむき出しの状態になってしまうと、そこの部分を修理しなければいけなくなるので
作業工程が増える原因になってしまいます。
ですので、壁の加工を行う際はウォールスキャナを使用して壁内部の状態を確認する必要があるのです。

参考文献

https://www.bildy.jp/mag/concrete_detector/

https://electrictoolboy.com/media/17007/

http://tansa.jp/about/

ウォールスキャナのメーカー情報

ウォールスキャナのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社アクティオ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社アクティオ
  2. 2 西尾レントオール株式会社

歴史のある会社

  1. 1 西尾レントオール株式会社
  2. 2 株式会社アクティオ

ウォールスキャナのメーカー3社一覧


関連記事

カテゴリから探す