株式会社SCREENセミコンダクターソリューションズ
日本ISSI合同会社
ルネサスエレクトロニクス株式会社
ラピスセミコンダクタ株式会社
タイコエレクトロニクスジャパン合同会社
サムスン電子株式会社
ウィンボンド・エレクトロニクス
アミドテクノロジー
ProMOS Technologies Inc.
Micron Technology, Inc.
Jeju Semiconductor
I'M Intelligent Memory

【2022年版】DRAM3選 / メーカー15社一覧

DRAMについての概要、用途、原理などをご説明します。また、DRAMのメーカー15社一覧企業ランキングも掲載しておりますので是非ご覧ください。DRAM関連企業の2022年4月注目ランキングは1位:ルネサスエレクトロニクス株式会社、2位:Micron Technology, Inc.、3位:ラピスセミコンダクタ株式会社となっています。

目次

Metoreeでは各社カタログを無料で一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

DRAMのカタログ一覧はこちら
株式会社カナデンのDRAMのカタログ

企業

株式会社カナデン

DRAMのメーカー15社一覧

*一部商社などの取扱い企業なども含みます。

企業の並び替え

標準 |従業員数順 |設立年古い順 |設立年新しい順 |上場企業順

DRAMのメーカーランキング

*一部商社などの取扱い企業なども含みます

注目ランキング導出方法について

注目ランキングは、2022年4月のDRAMページ内でのクリックシェアを基に算出しています。クリックシェアは、対象期間内の全企業の総クリック数を各企業のクリック数で割った値を指します。

社員数の規模

  1. 1 ルネサスエレクトロニクス株式会社
  2. 2 タイコエレクトロニクスジャパン合同会社
  3. 3 ラピスセミコンダクタ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ラピスセミコンダクタ株式会社
  2. 2 株式会社SCREENセミコンダクターソリューションズ
  3. 3 ルネサスエレクトロニクス株式会社

歴史のある会社

  1. 1 タイコエレクトロニクスジャパン合同会社
  2. 2 Micron Technology, Inc.
  3. 3 アミドテクノロジー

DRAMのカタログ一覧(1件)

Metoreeに登録されているDRAMが含まれるカタログ一覧です。無料で各社カタログを一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。



株式会社カナデンのカタログ



DRAM3選

ラピスセミコンダクタ株式会社
MSM56V16161N

特徴

MSM56V16161Nは、シリコンゲートのCMOSプロセス技術によって開発された、2バンク×524,288ワード×16 ビットである、シンクロナスダイナミック DRAM であり、3.3V 電源で動作し、入出力は LVTTL コンパチブルです。

仕様としては、メモリ容量(bit)が16Mで、Data Rate TypeはSDRであり、電源電圧(v)は3.3±0.3となっていて、データbit数が16かつ、メモリ構成(bank×word×bit)は2
×512K×16です。

また、最高動作周波数(MHz)は143で、リフレッシュサイクル(cycle/ms)が4096o及び
64であり、サイクルタイム(ns)は7/7.5/10となっていて、特長としてはDrivabilityControlで、動作温度(℃)は0 ~+70の範囲であり、PackageはTSOP(2)50-400-0.80で、ハロゲンフリー対応しています。

ラピスセミコンダクタ株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 神奈川県横浜市港北区新横浜2-4-8
  • 会社サイト
  • 創業: 2008年
  • 従業員数: 686人

製品を見る

サムスン電子株式会社
DDR

特徴

DDRの中でも、DDR5は膨大なデータによるバーストを経験しているような業界からの、要求を満たしていて、新しいレベルの速度で、改善された容量、および強化された信頼性がDDR5に詰め込まれていて、システム全体のパフォーマンスを向上させます。

例外的な転送速度であり、5600 Mbpsもの、増え続ける大規模の需要より複雑なデータのワークロードをDDR5は効果的に処理することができ、DDR5ダブルバースト長は、DDR4に比べて性能が75%増加をもたらすため、8〜16であったものを、16から32にバンクを倍増し、そして驚くべき性能は、これだけ大きなデータ処理の上限を、上昇させながらも、シームレス8Kコンテンツを取り扱えることです。

また、10nmクラスのプロセスとEUV技術によって、チップユニットは16Gbから32Gbに飛躍的に増加可能であり、このチップ容量が2倍になるということは、1つのモジュールが最大512GBを提供し、巨大な同時ワークロードを流動的に処理できることを意味しており、将来のイノベーションに備えたスケーラビリティを備えていると言えます。

そして、DDR5に適用されているODECC(オンダイエラー訂正コード)テクノロジは、安全で安定したデータの信頼性を維持した上で、強力なパフォーマンスを最大限に活用するのに役立ち、ODECCは、ビッグデータの厳しい要求があっても、信頼性を高めるためにシングルビットエラーを事実上排除することが可能です。

サムスン電子株式会社の会社概要

製品を見る

ウィンボンド・エレクトロニクス
SDRAM

特徴

SDRAMは同期DRAMであり、CPUと同じクロック速度で、データを処理するように設計されています。

したがって、同期DRAMは、大量のデータの高速処理で使用されるコアコンポーネントと見なされていて、現在、その利用用途は、自動車や、産業だけでなく、ネットワーキングや、DTVと、DSCや、STBなどの様々な家電製品に拡大しています。

仕様としては、部品番号W9825G2JBは、電圧3.3V±0.3Vおよび2.7V〜3.6Vであり、速度が133/166MHzで、組織が8メガビット×32で、また、部品番号W9825G6JBは、電圧3.3V±0.3Vであり、速度が133/166MHzで、組織が16メガビット×16で、部品番号W9825G6KHは、電圧3.3V±0.3Vであり、速度が133/166/200MHzで、組織が16メガビット×16となっています。

ウィンボンド・エレクトロニクスの会社概要

製品を見る

DRAMの50製品一覧

DRAMのオンライン購入


モノタロウでチェック


秋月電子通商でチェック


Amazonでチェック


アズワンでチェック


ミスミでチェック

関連記事

カテゴリから探す

Copyright © 2022 Metoree

Whoops, looks like something went wrong.