ISO絶対値判定機能を用いた評価が可能 振動分析プログラム SX-A1VA-SX-A1VA
ISO絶対値判定機能を用いた評価が可能 振動分析プログラム SX-A1VA-リオン株式会社

ISO絶対値判定機能を用いた評価が可能 振動分析プログラム SX-A1VA
リオン株式会社

リオン株式会社の対応状況

返答率

100.0%

この製品について

■概要 ・多機能計測システムSA-A1に振動測定の機能を付加するプログラムです。 ・振動計測の基本的な機能を有し、産業機械の設備診断や傾向管理が行えます。 ・FFT分析機能やエンベロープ処理機能を用いた精密診断なども行えます。 ・ISO絶対値判定機能を用いた評価が可能です。 ・最大4個の加速度ピックアップを接続することができるため、水平2方向・鉛直1方向や複数面の同時計測が可能です。 ■振動計モード ・加速度・速度・変位を同時に計測 ・オートストア機能により振動値と回転数を100msec毎に連続保存 ・指定した計測時間で振動量の平均値を算出 ・加速度・速度・変位のそれぞれにフィルタを個別に設定可能 ■簡易診断 振動の大きさを定期的に計測して判定基準に基づき正常か異常かを判断します。 ■標準モード (判定機能) チャンネルごとに加速度・速度・変位いずれかの閾値を上下で2つ設定して判定できます。 ■精密診断 (FFT分析機能・エンベロープ処理機能) FFT分析機能やエンベロープ処理 (加速度包絡線処理) 機能を使用して、異常原因の特定や程度、発生位置の特定を行います。 以下に3つのパターンから振動原因の分析を行った例を示します。 ・軸受異常 (ベアリング) ・ミスアライメント ・アンバランス ■傾向管理 (相対値判定) SX- A1VAで定期的に測定し蓄積された加速度・速度・変位の測定データを一括で出力し、エクセルなどの表計算ソフトウェアを使って、傾向を管理することができます。回転装置など振動状態が変化する振動の異常原因を把握するには、測定データを蓄積して管理することが必要となります。蓄積した測定データから基準値を定め、注意値、危険値を判定します。 注意値を超えた場合は監視を強め、危険値を超えた場合は精密診断を行います。一般的に振動速度領域では正常値の2~3倍を注意値、注意値の2~3倍を危険値とします。機械の振動測定部位、測定方向、測定周期を決め、測定値などを時系列的に書き込んだグラフを作成して管理します。

  • シリーズ

    ISO絶対値判定機能を用いた評価が可能 振動分析プログラム SX-A1VA



*サンプルリクエストに対応できない場合もあります、ご了承ください。


70人以上が見ています

最新の閲覧: 5時間前


返答率: 100.0%


無料
見積もり費用は無料のため、お気軽にご利用ください

電話番号不要
不必要に電話がかかってくる心配はありません

ISO絶対値判定機能を用いた評価が可能 振動分析プログラム SX-A1VA 品番1件

商品画像 品番 価格 (税抜) 入力チャンネル数 振動測定範囲 (PV-57I接続時) 加速度 振動測定範囲 (PV-57I接続時) 速度 振動測定範囲 (PV-57I接続時) 変位 測定周波数範囲 (電気的特性) 加速度 測定周波数範囲 (電気的特性) 速度 測定周波数範囲 (電気的特性) 変位 測定周波数範囲 (電気的特性) 加速度エンベローブ ハイパスフィルタ ローパスフィルタ 振動計モード 加速度 振動計モード 速度 振動計モード 変位 振動計モード サンプリング周波数 振動計モード ストア機能 振動計モード 閾値判定機能 振動計モード ISO絶対値判定機能 FFT分析モード FFT分析モード 周波数レンジ
ISO絶対値判定機能を用いた評価が可能 振動分析プログラム SX-A1VA-品番-SX-A1VA

SX-A1VA

要見積もり 最大2チャンネル (SA-A1B2の場合)
最大4チャンネル (SA-A1B4の場合)
0.02~141.4 m/s (2rms) 0.2~141.4mm/s (rms,159.15Hz時) 0.02~40.0mm (EQ peak-peak,15.915Hz時) 1Hz~20kHz 3Hz~3kHz 3Hz~500Hz 1kHz~20kHz 1Hz、3Hz、5Hz、10Hz、1kHz 500Hz、1kHz、5kHz、10kHz、20kHz rms、EQ 0-peak、波形ピーク値、波高率 rms、EQ 0-peak rms、EQ 0-peak、EQ peak-peak 51.2 kHz 瞬時値ストア、Autoストア、平均値ストア 振動測定量の閾値を設定し、測定中に振動量が閾値を超えた際に測定画面に通知 瞬時値または平均値に対し、ISO 10816-1:1995/Amd.1:2009 に基づく判定を行う パワースペクトル 1フレームの時間波形 100Hz、200Hz、500Hz、1kHz、2 kHz、5kHz、10kHz、20kHz

のついている項目名や値は、Metoreeの自然言語処理アルゴリズムを用いて自動生成された値です。各メーカーの製品を横断して比較しやすくするための参考としてご利用ください。自動生成データは黒色の文字、元データは灰色の文字です。

この商品を見た方はこんな商品もチェックしています

リオン株式会社のその他の取り扱い製品


リオンの製品をもっと見る

この商品の取り扱い会社情報

Copyright © 2024 Metoree