液体窒素なしで最大-100℃までの極低温条件下での制御に対応 空気冷却システム-空気冷却システム
液体窒素なしで最大-100℃までの極低温条件下での制御に対応 空気冷却システム-ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社

液体窒素なしで最大-100℃までの極低温条件下での制御に対応 空気冷却システム
ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社

ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社の対応状況

返答率

100.0%

平均返答時間

7.7時間

返信の早い企業


無料
見積もり費用は無料のため、お気軽にご利用ください

電話番号不要
不必要に電話がかかってくる心配はありません

この製品について

新しい空気冷却システムモデルは、独自の気流冷却システムで、液体窒素を利用しない低温試験機能を提供します。ACS-2およびACS-3の二つのモデルは多重段階のカスケードコンプレッサー設計を採用し、冷媒としては代替フロンガスを用いており、コンプレッサーから供給される空気 (0.55-0.6 MPa, 120 L/min相当) が冷却されます。 ACS-2およびACS-3は、-55℃および-100℃の低温でFCOの運用が可能です。冷却システムによって、液体窒素の使用と実験室の関連する危険性を減らし、投資収益率を改善できます。

■特長とメリット

・優れた投資利益率 (ROI) 。液体窒素にかかる経常的な費用はかからず、2、3年で資金を回収可能です (実験の要件により異なります) 。 ・無制限に冷却ガスが供給されるため、実験中に冷却ガスが切れることはありません。 ・使用されないタンク内でのボイルオフにより、液体窒素廃棄物が発生することはありません。 ・室温以下での試験をいつでも実施できます。 ・安全上の懸念を払拭します ・窒素ガスの過剰供給による窒息のおそれはありません。 ・重い液体窒素タンクを運搬する必要はありません。 ・フロンガス不使用。 ・LN2 (液体窒素) の利用が制限されている、または利用できない研究所向けに低温冷却システムを提供します。 ・低騒音かつ高耐久のコンプレッサーを搭載しています。 ・液体窒素を使用するシステムに比べて設置面積が小さいため、研究所のスペースを確保することができます。

  • シリーズ

    液体窒素なしで最大-100℃までの極低温条件下での制御に対応 空気冷却システム

この製品を共有する


190人以上が見ています

最新の閲覧: 11分前


返答率: 100.0%

平均返答時間: 7.7時間


無料
見積もり費用は無料のため、お気軽にご利用ください

電話番号不要
不必要に電話がかかってくる心配はありません

冷却機器注目ランキング (対応の早い企業)

平均返答時間が24時間以内の企業の中での注目ランキング

電話番号不要

何社からも電話が来る心配はありません

まとめて見積もり

複数社に同じ内容の記入は不要です

返答率96%以上

96%以上の方が返答を受け取っています


液体窒素なしで最大-100℃までの極低温条件下での制御に対応 空気冷却システム 品番1件

商品画像 品番 価格 (税抜)
液体窒素なしで最大-100℃までの極低温条件下での制御に対応 空気冷却システム-品番-空気冷却システム

空気冷却システム

要見積もり

のついている項目名や値は、Metoreeの自然言語処理アルゴリズムを用いて自動生成された値です。各メーカーの製品を横断して比較しやすくするための参考としてご利用ください。自動生成データは黒色の文字、元データは灰色の文字です。

この商品を見た方はこんな商品もチェックしています

冷却機器の製品をもっと見る

ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社のその他の取り扱い製品

ティー・エイ・インスツルメント・ジャパンの製品をもっと見る

この商品の取り扱い会社情報

会社概要

熱分析・レオロジー・マイクロカロリーメーターと力学解析のワールドリーダー ティー・エイ・インスツルメント・ジャパンはTA Instruments100%出資による日本法人です。 熱分析・レオロジー・マイクロカロリーメータ...

もっと見る

  • 本社所在地: 東京都
Copyright © 2024 Metoree