モジュールデザイン,Quantum Technology 2.0に最適化 コンパクトな19”レーザーラックシステム MSHG pro-MSHG pro
モジュールデザイン,Quantum Technology 2.0に最適化 コンパクトな19”レーザーラックシステム MSHG pro-トプティカフォトニクス株式会社

モジュールデザイン,Quantum Technology 2.0に最適化 コンパクトな19”レーザーラックシステム MSHG pro トプティカフォトニクス株式会社


この製品について

■19インチラック組込用第二高調波半導体レーザーモジュール

・高安定性の共振周波数ダブリングステージ ・PMファイバ端最大2W、対応波長:330~780nm ・アンプチップ、ダブリングステージ、光ファイバーへのAutoAlign (自動光軸調整機構) 含む ・低ノイズ&低ドリフト、狭線幅 <500kHz ・デジタルコントローラDLC proにて最高のパフォーマンスと使い勝手を実現 19インチラックにシームレスに収納されます。波長可変半導体レーザー、高出力半導体アンプ、周波数ダブリング (SHG) ステージを含みます。MSHGステージ (第二高調波部) は熱及び機械的な安定性に優れるbow-tie型の構成を採用したリング型共振器です。ファイバー (FA) 又はラマンファイバー (RFA) 型増幅器でのシステムもご提供可能です。 光学テーブルをクリアにし、レーザーを19インチのサブラックに収納します。レーザーシステムの調整に時間をかけることなく実験に集中できるように、Laser Rack Systemsへの統合が最適です。分光、ホログラフィー、干渉計、そして量子技術の研究と応用のためのチューナブルなレーザーをご提供します。 T-RACKで動作させる場合、ファイバ出力型SHG proシステムと同様のスペックとなります。TA増幅チップ、SHG共振器、出力ファイバへの完全自動化されたプッシュボタン式自動光軸調整機構AutoAlignや、プッシュボタン式出力安定化機能が含まれています。 フルエクステンションプルアウト機構とダイナミックケーブル管理を特徴としており、レーザーモジュールへのアクセスを容易にします。同時に、外部環境からレーザーをデカップリングするためのパッシブな防振機能も備えています。レーザーユニット間の熱を遮断するための1RUのブランキングフロントパネルを含め、高さは合計4RU (Rack Unit) を使用します。光出力はファイバ出力となっているため、柔軟な取り回しが可能です。 DLC proで制御されます。デジタルアーキテクチャにより、低ノイズのレーザー動作、インテリジェントなロック機能、イーサネットによるリモートコントロールを実現します。

  • シリーズ

    モジュールデザイン,Quantum Technology 2.0に最適化 コンパクトな19”レーザーラックシステム MSHG pro

この製品を共有する




120人以上が見ています

最新の閲覧: 13時間前


無料
見積もり費用は無料のため、お気軽にご利用ください

電話番号不要
不必要に電話がかかってくる心配はありません


レーザー光源注目ランキング

レーザー光源の製品156点中、注目ランキング上位6点

電話番号不要

何社からも電話がかかってくる心配はありません

まとめて見積もり

複数社に何度も同じ内容を記入する必要はありません

返答率96%以上
96%以上の方がメーカーから返答を受け取っています


レーザー光源注目ランキング (対応の早い企業)

平均返答時間が24時間以内の企業の中での注目ランキング

電話番号不要

何社からも電話がかかってくる心配はありません

まとめて見積もり

複数社に何度も同じ内容を記入する必要はありません

返答率96%以上
96%以上の方がメーカーから返答を受け取っています


モジュールデザイン,Quantum Technology 2.0に最適化 コンパクトな19”レーザーラックシステム MSHG pro 品番1件

商品画像 品番 価格 (税抜) 対応可能波長レンジ 発振線幅 (typ. 5μs) シードレーザー 光増幅器 第二高調波ステージ 波長粗調整レンジ 波長連続スキャンレンジ 発振モード ファイバー端出力 空間モード 光アイソレータ ビーム補正光学系 冷却方式 SHG共振器漏洩率 電源コントローラ 暖気時間 外形寸法 (レーザー本体) 外形寸法 (電源コントローラ) 重量 電源仕様 消費電力 PCインターフェース 環境温度 環境湿度
モジュールデザイン,Quantum Technology 2.0に最適化 コンパクトな19”レーザーラックシステム MSHG pro-品番-MSHG pro

MSHG pro

要見積もり 330~680nm (半導体型光アンプを使用した場合) ,510~780nm (ファイバー型光アンプを使用した場合) 10~300kHz (DL pro master) ,200~4,000kHz (DFB/DBR master) DL pro,DL DFB 半導体型光アンプ (TA) ,特注対応:ファイバー型光アンプ (FA) またはラマンファイバー型光アンプ (RFA) ボウタイ型折り返しリング共振器 2~20nm > 20GHz 単一周波数発振 最大2,000mW,波長および光アンプ種別により異なります。 回折限界に近似 2台のアイソレータを内蔵 (シードレーザ用、光アンプ用) 内蔵 水冷 < 1E-3mbar l/s DLC pro < 5分以内,典型値 高さ:4RU (including 1-RU blanking front panel) ,幅:19“,奥行:766mm 高さ:4RU (including 1-RU ventilation front panel) ,幅:19“,奥行:352mm < 20kg (MSHG proレーザーユニット) ,< 8.5kg (DLC proコントローラ) 100~120V / 220~240VAC,50~60Hz (自動検出) < 120W イーサネット,USB,アナログ制御 15-30℃ (動作時) ,0-40℃ (保管時および輸送時) 結露無きこと

のついている項目名や値は、Metoreeの自然言語処理アルゴリズムを用いて自動生成された値です。各メーカーの製品を横断して比較しやすくするための参考としてご利用ください。自動生成データは黒色の文字、元データは灰色の文字です。

この商品を見た方はこんな商品もチェックしています


レーザー光源の製品をもっと見る

トプティカフォトニクス株式会社のその他の取り扱い製品


トプティカフォトニクスの製品をもっと見る

この商品の取り扱い会社情報

会社概要

トプティカ社はドイツ・ミュンヘンで誕生した理化学研究分野および産業分野向けにハイエンドのレーザー発振器を開発・製造する専業メーカです。製品ポートフォリオには波長可変半導体レーザー、超短パルスファイバーレーザー、テラヘルツ...

もっと見る

  • 本社所在地: ドイツ連邦共和国
Copyright © 2024 Metoree