産業用製品比較のメトリー
メトリー
株式会社第一測範製作所
京セラ株式会社

【2020年版】Rねじ メーカー7社一覧

Rねじのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


Rねじとは

Rねじとは、管用テーパねじの俗称です。ISO規格において管用テーパねじのおねじを「R」、めねじを「Rc」と表すことからこのように呼ばれています。

旧JIS規格では管用テーパねじはおねじもめねじも「PT」と表し、この表記で表示されている場合もあるため、選定の際にはおねじなのかめねじなのかを注意する必要があります。

Rねじを使用することで締結部の気密性が確保されるため、水道管やガス管など流体を扱う配管の接続において頻繁に使用されます。 

Rねじの使用用途

管用テーパねじは流体の気密性に優れるため、各種流体の輸送配管や空圧機器、真空機器などの締結部に使用されます。

また、おねじ側にテフロン製の薄膜であるシールテープを巻いた状態でねじを締めることによって、わずかに空いたねじの隙間を埋め、気密性を大幅に向上させることが可能です。

シールテープをおねじに巻く際には、先端のネジ山を一山外した状態で6~7回巻きつけます。この際、シールテープはネジ山と同じ巻方向(通常は時計回り)で巻く必要があります。ねじを締める前にシールテープを指でネジ山に押し付けて馴染ませることによって用意にねじを締めることができます。 

Rねじの原理

管用テーパねじはインチ呼びが原則であり、1/8インチのねじを「イチブ」、1/4インチのねじを「ニブ」などと呼びおねじであれば「R1/8」などと記載します。

管用ねじにはRねじの他に、Rp(管用テーパおねじに用いる管用平行ねじ)、G(管用平行ねじ)、NPT(一般用アメリカ管用テーパねじ)など様々な規格があり、異なる規格のねじは接続することができないため、使用する機器やジョイントの仕様によって適切な規格のねじを選択する必要があります。

管用平行ねじは締結ねじ部とシール部(Oリングなど)が分離しているため、常に一定の締め付け状態が実現できる点や流体の漏れを完全に防止できる点、シールテープの破片混入が発生しない点、曲げや披露に強い点などが利点として挙げられます。欠点としては、配管の振動によるにじみ漏れが発生する場合がある点があります。

どの規格のねじも適正なシール方法でシールし、適正なトルクで締め付けないと十分な気密性を発揮できないため、締結作業はある程度の経験と技術をもった人が実施することが推奨されます。 

参考文献
http://www.taiyo-ltd.co.jp/kpl_jp/faq/info_others.html
https://www.monotaro.com/s/pages/productinfo/kanyoneji/
https://www.monotaro.com/s/pages/productinfo/screw_seal/

Rねじのメーカー情報

Rねじのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 京セラ株式会社
  2. 2 オーエスジー株式会社
  3. 3 株式会社リケン

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社CambrianRobotics
  2. 2 株式会社桜華
  3. 3 綜合電子株式会社

歴史のある会社

  1. 1 オーエスジー株式会社
  2. 2 株式会社第一測範製作所
  3. 3 株式会社リケン

Rねじのメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す