海洋構造物計測装置-光電力複合海底ケーブル方式
海洋構造物計測装置-海上観測無人集録方式
海洋構造物計測装置-海底多心ケーブル方式
海洋構造物計測装置-株式会社共和電業

海洋構造物計測装置
株式会社共和電業

株式会社共和電業の対応状況

返答率

100.0%

平均返答時間

6.0時間

返信のとても早い企業

この製品について

■海洋構造物の挙動を動的に測定

・海上に構築されたケーソンの現地実証試験のための計測システム ・海上観測無人集録方式と海底多心ケーブル方式と光電力複合海底ケーブル方式の三方式

■海上観測無人集録方式

・データの集録が無人・全自動で可能 ・動的、静的二系統の計測システムに分けて観測が可能 ・観測は、あらかじめ設定した波高レベルで開始可能、またインタバル測定も可能 ・観測波形のモニタ可能 ・計測したデータは、デジタル式記憶媒体に格納する。動的観測データは不揮発性記憶装置に約1ヵ月分保存して回収可能。静的観測は観測ごとにフラッシュメモリに格納して回収する ・常時通電が必要なシステム制御装置の電源と観測装置の電源は別系統で構成し、各無停電電源装置の充電は必要に応じて発電機で供給する ・システム、電源関係のチェック機能があり、異常時には外部へ警報出力可能

■光電力複合海底ケーブル方式

・光電力複合海底ケーブルを採用し、電源はこれによって監視局に供給するので、ケーブル敷設工事費を低く抑えられると同時に電源容量に関係なく自由に観測できる ・陸上監視局から自動観測、手動観測の選択指令ができ、またあらかじめ設定した波高値以上の高波がくると自動的に計測を開始する操作も可能

■海底多心ケーブル方式

・ブリッジ電源印加方式は、定電流方式を採用しているので、精度のよい測定が可能 ・観測モードは、波高観測、一定時間間隔、毎正時観測、任意観測モードなどを備えている ・静的試験は小型デジタル測定器で、動的試験はシグナルコンディショナとデジタルデータレコーダを使用 ・滑動試験は、常時66時間分をハードディスクに格納し、滑動データを取り逃がさないようになっている。また、重要データは、デジタルデータレコーダにバックアップが取れる ・電話回線によるデータ伝送により、管理事務所で重要データのモニタや印字ができるため、観測への対応が早くできる

  • シリーズ

    海洋構造物計測装置

この製品を共有する




70人以上が見ています


返答率: 100.0%

平均返答時間: 6.0時間


無料
見積もり費用は無料のため、お気軽にご利用ください

電話番号不要
不必要に電話がかかってくる心配はありません

三次元測定機注目ランキング (対応の早い企業)

平均返答時間が24時間以内の企業の中での注目ランキング

電話番号不要

何社からも電話が来る心配はありません

まとめて見積もり

複数社に同じ内容の記入は不要です

返答率96%以上

96%以上の方が返答を受け取っています


海洋構造物計測装置 品番3件

各品番毎の詳細は品番をクリックしてください

まとめて問合せ・見積 商品画像 品番 価格 (税抜)
海洋構造物計測装置-品番-光電力複合海底ケーブル方式

光電力複合海底ケーブル方式

要見積もり
海洋構造物計測装置-品番-海上観測無人集録方式

海上観測無人集録方式

要見積もり
海洋構造物計測装置-品番-海底多心ケーブル方式

海底多心ケーブル方式

要見積もり

のついている項目名や値は、Metoreeの自然言語処理アルゴリズムを用いて自動生成された値です。各メーカーの製品を横断して比較しやすくするための参考としてご利用ください。自動生成データは黒色の文字、元データは灰色の文字です。

この商品を見た方はこんな商品もチェックしています


三次元測定機の製品をもっと見る

株式会社共和電業のその他の取り扱い製品


共和電業の製品をもっと見る

この商品の取り扱い会社情報

返答率

100.0%


平均返答時間

6.0時間

会社概要

株式会社共和電業は本社を東京都調布市に置き、応力測定機器や工業用計装機器および土木建築用計測機器の製造を事業内容とする企業である。 1949年に株式会社共和無線研究所を設立。その後、1961年に社名を現在の「株式会社共...

もっと見る

  • 本社所在地: 東京都
Copyright © 2024 Metoree