バイオイメージングアプリケーション向け波長可変超短パルスレーザー Mai Tai-Mai Tai HP
バイオイメージングアプリケーション向け波長可変超短パルスレーザー Mai Tai-スペクトラ・フィジックス株式会社

バイオイメージングアプリケーション向け波長可変超短パルスレーザー Mai Tai
スペクトラ・フィジックス株式会社



無料
見積もり費用は無料のため、お気軽にご利用ください

電話番号不要
不必要に電話がかかってくる心配はありません

この製品について

Spectra-Physics は、バイオイメージング用途に数千台の超短パルスレーザーを供給する No.1 サプライヤーです。多光子イメージング応用に対して長期信頼性の高い製品を供給する企業として、業界をリードしています。

■深い組織への改革、マルチモダリング、共焦点イメージング

・広帯域波長可変及び超短パルスを使用した、より深い生体内イメージングの実現 ・多数の納入実績 ・長期間安定動作のための最高の信頼性を提供

■ワンボックスチタンサファイアレーザー

・高い出力により多光子イメージングにおいてより深く浸透 ・短いパルス幅により高いピーク出力を実現 ・広い波長チューニング領域により一般的に使用される ・多くの蛍光タンパク質を励起

■概要

Mai Taiチタンサファイア発振器は、一般的な時間分解分光用途から多光子顕微鏡光源など様々なアプリケーションで使われております。優れた性能と豊富な納入実績のあるMai Tai は基礎研究からバイオイメージングのための最先端研究のツールです。

■アプリケーションに適応するモデルの選択

Mai Taiシリーズは、お客様のアプリケーションに合わせて出力や波長領域の異なる3機種を選択することが可能です。 多光子顕微鏡光源として理想的なMai Tai HPは平均出力2.5W以上とパルス幅100fs以下、波長可変範囲が300nm以上 (690–1,040 nm) となります。より短いパルス幅をご必要とするお客様へはMai Tai BB がパルス幅80fs以下、波長可変範囲240nm以上となります。 Mai Tai XF-1は更に短いパルス幅70fs以下、波長可変範囲200nm以上となります。1,040nm以上の長波長領域をお求めの場合は、より深い生体内イメージングに適した広帯域波長可変範囲(680-1,300nm)を持つInSight X3をご提案します。

■卓越した安定性と多様性

Mai Taiは、超安定な再生モードロック技術を採用しております。波長は制御用コンピューターにより容易に可変することができます。 StabiLok技術により優れたビーム位置安定性や平均出力の変動幅を最小限にするだけではなく、波長ドリフトも軽減し、システムの信頼性を高めています。これらの2つの機能を持つMai Tai は、市場において最も信頼性及び汎用性の高いハンズフリーレーザーです。

  • シリーズ

    バイオイメージングアプリケーション向け波長可変超短パルスレーザー Mai Tai

この製品を共有する


170人以上が見ています


無料
見積もり費用は無料のため、お気軽にご利用ください

電話番号不要
不必要に電話がかかってくる心配はありません

バイオイメージングアプリケーション向け波長可変超短パルスレーザー Mai Tai 品番3件

各品番毎の詳細は品番をクリックしてください

まとめて問合せ・見積 商品画像 品番 価格 (税抜) パルス幅 チューニングレンジ 800 nm での平均パワー 平均パワー、代替波長 ビームの真円度2 乱視 繰り返し率 ビーム指向の安定性 ノイズ 安定性 空間モード 偏光2 ビーム発散 ビーム直径 (1/e²)  高度 温度、動作時 相対湿度、動作時 温度、保管方法 相対湿度、保管 クローズドループチラーの冷却水温度
バイオイメージングアプリケーション向け波長可変超短パルスレーザー Mai Tai-品番-Mai Tai HP

Mai Tai HP

要見積もり <100fs 690~1,040nm >2.5W >500mW (690nm)
>1.35W (710nm)
>1.35W (920nm)
>300mW (1040nm)
0.9-1.1 <10% 80MHz±1MHz <50 µrad/100nm <0.15% <±1% TEMoo、M^2 < 1.1 >500:1 水平 <1.2mrad <1.2mm 最大2,000m 20~25℃ 25℃ まで最大 75% 結露なし 15~35℃ 15 ~ 35℃ の場合 <65% 21℃ 標準
バイオイメージングアプリケーション向け波長可変超短パルスレーザー Mai Tai-品番-Mai Tai BB

Mai Tai BB

要見積もり <80fs 710~990nm >1.5W >650 mW (710nm)
>650 mW (920nm)
>250 mW (990nm)
0.9-1.1 <10% 80MHz±1MHz <50 µrad/100nm <0.15% <±1% TEMoo、M^2 < 1.1 >500:1 水平 <1.2mrad <1.2mm 最大2,000m 20~25℃ 25℃ まで最大 75% 結露なし 15~35℃ 15 ~ 35℃ の場合 <65% 21℃ 標準
バイオイメージングアプリケーション向け波長可変超短パルスレーザー Mai Tai-品番-Mai Tai XF-1

Mai Tai XF-1

要見積もり <70fs 710~920nm >900mW >400mW (710nm)
400mW (920nm)
0.9-1.1 <10% 80MHz±1MHz <50 µrad/100nm <0.15% <±1% TEMoo、M^2 < 1.1 >500:1 水平 <1.2mrad <1.2mm 最大2,000m 20~25℃ 25℃ まで最大 75% 結露なし 15~35℃ 15 ~ 35℃ の場合 <65% 21℃ 標準

のついている項目名や値は、Metoreeの自然言語処理アルゴリズムを用いて自動生成された値です。各メーカーの製品を横断して比較しやすくするための参考としてご利用ください。自動生成データは黒色の文字、元データは灰色の文字です。

この商品を見た方はこんな商品もチェックしています


レーザー発振器の製品をもっと見る

スペクトラ・フィジックス株式会社のその他の取り扱い製品


スペクトラ・フィジックスの製品をもっと見る

この商品の取り扱い会社情報

会社概要

Spectra-Physicsは、MKS Instruments Photonics Solutions部門の1ブランドです。レーザーが初めて発振した翌年1961年カリフォルニアのシリコンバレーに誕生しました。以来世界最...

もっと見る

  • 本社所在地: 東京都
Copyright © 2024 Metoree